ホームページは作った。
だけどホームページから

「アクセスがない」
「集客できない」
「売上が上がらない」

と言う方には共通点があります。

その共通点は3つあります。

共通点の1つ「ホームページに見込み客の悩みを解決するような内容がない」について。

・自分に合った、かつ需要のあるキーワードが見つかった
・需要のある狙ったキーワードで上位表示が出来た

最近までのホームページ戦略では、
基本的に上記2つのポイントを抑えておけば、
ホームページからの集客は出来ていました。

ですが、
今後はそれだけではダメです。

それは「クリックする前」「クリックした後」に、
見込み客の悩みを解決するような内容がないといけない。

という事です。

悩みを解決する内容

というと大げさかもしれませんが、
これはあながち間違いではありません。
・整体…「身体の悩みを解決するもの」
・美容院…「外見の悩みを解決するもの」
・飲食店…「腹減りの悩みを解決するもの」

どんなサービスでも、
見込み客というのは悩みを抱えているものです。

あなたのサービスと照らし合わせてみてください。

例えばあなたのサービスが「パン屋さん」だっとします。

————————————————

・何を売っているのか?…メニュー
・どこで売っているのか?…住所
・どのように売っているのか?…通販?配達はしてくれるの?店舗販売のみ?
・いくらなのか?…だいたいの予算目安
・ほかのパンと何が違うのか?
・どんなシチュエーションで食べれば一番おいしいのか?
・どうやって食べれば一番おいしく食べられるのか?
・どんな人が買っているのか?

————————————————

あなたがパン屋さんであれば、
これくらいの情報は記載しておくべきでしょう。

見込み客が普段何を思ってパンを買っているか?

見込み客にとって必要な情報というのは何か?

これらの情報はあくまで「最低限」です。

この情報が記載されていなければ、
「どんなに良い商品でも売れない」

と思っていたほうがいいです。

普段から見込み客が思っている事を考える事で、
ホームページに掲載すべき内容も決まってきます。

そういった気持ちをもって、
もう一度ホームページを見直してみましょう。

改善案が見つかりますよ。