経営者であれば、
「見込み客」という言葉は
知っていると思います。

念のため確認で書きますが、
見込み客というのは、

「あなたの商品をお金を出して
買う準備ができている人」

です。

さてこの定義で見込み客として
考えた場合、どのようにアプローチをすればいいのか?

これが理解できるようになれば、
あなたの商品はうそのように売れるようになります。

ステップ1
見込み客を分ける。

買う準備が出ている人でも、
「今すぐの人」と「後からの人」
に分けられるでしょう。

ステップ2
ニーズに気付かせる。

なぜこの商品が必要なのか?
なぜこの商品じゃなければいけないのか?

そしてこの商品を買わなかったら
どうなるのか?

必要性を考えてみましょう。

ステップ3
緊急性を作る

最後のステップです。

今すぐの人は、緊急性があるので、
アプローチすれば売れる可能性は高い。

でも、後からの人という人は
緊急性を感じてないので、
別の商品の方を先に買ってしまいます。

あなたの商品は販売が
限定的なのか、希少性が高いのか。

しっかり書き出してみましょう。

これらをしっかりと準備して
見込み客にアプローチしてみると
今までよりも売れる可能性が高くなります。