今、団塊の世代の人たちが
サラリーマン人生を終えて、

「次の人生をどのように生きるか」
をテーマにしたテレビ番組を
良く見ます。

いわゆる「第二の人生」
ってやつになるんでしょうけど、

シニア起業
として活躍したい人が急増しているそうです。

シニア起業の波は、
実は2012年から既に始まっていたようで、

http://www.nikkei.com/article/DGXNZO44593390W2A800C1NN1000/

起業した人のうち、

60代以上の比率は、01年度3.9%→07年度4.3%→11年度6.6%
増加傾向

一方で、20代以下の比率は、07年度11.3%→11年度8.2%と減少
過去最低を更新したそうです。

起業した人の中でも、
特に多かったのが

「元々管理職をやっていた方」
だそうですね。

http://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/topics_121225_1.pdf
※4ページ目参照

過去に築いてきた人脈を活かすことで、
第二の人生を楽しむ。

いいですよね。

年をとってもそうやって働いて
自分の人生を楽しむのって。

人は必ず年をとります。
年をとったからといって何もせず
余生を過ごすよりも、

年をとってもやりたいことを全力でやっている。

元気なおじいちゃん。
と呼ばれるような、

そんな人生を送りたいと思います。