「魔法の質問1 なぜその商品を買ったんですか?」

お客様があなたの商品を買った理由。

これを聞くだけでも
「売れるキャッチコピー」の材料が集まります。

ただし、素材の内容によっては、

・参考にならない回答
・漠然とした回答

になってしまうため、
ある程度のラインを引いておきましょう。
(結構重要です)

—– 漠然とした答えにならないように気をつけるポイント —–

「おいしい」…どこが、どのように、どうして「おいしい」のか、はっきりさせましょう。
「好き」…どう好きなのか、どうして好きなのか?どこが好きなのか?
「安い」…本当に一番安いんですか?

もっと安い商品はありますよね。

絶対的に気をつけなければならない回答が「なんとなく」です。

なんとなくという答えは本当には存在しません。

もっともっと考えてみてください。

不思議なんですが、
どうやってもあいまいな事だけを
並び立てる人って多いんですよ。

でも、最低限このようなラインを設けておくことで、
必ず原点に戻ってくれます。

あ、なんか、答えがズレてきてるな、
修正しなきゃな、と思うようになればいいわけですから。

ポイントをおさらいします。

材料にならないような回答をもらっても参考になりません。

あいまいな答えにならないよう、
日ごろから気をつけておくことが重要だという事です。