「コピーライティングを学びたい」
という方が増えてきているそうです。

コピーライティングのスキルが上達すれば、

・商品やサービスを売ること
・相手に行動してもらうこと

ができるようになります。

そのため、商売をされている方にとっては
結構重要なスキルになってきます。

しかし、コピーライティングを上達させよう
と思っても、ただ闇雲に勉強しても
なかなか身に付きにくいです。

全ては基礎が大切です。

コピーライティングの基礎をしっかり学び、
どんどんスキルを上達させていってください。

コピーライティング能力を上げるための基礎

僕がやっていてよかったな
と思う基礎訓練を3つ紹介します。

1 まず自分を知る
2 色んな広告を見る
3 写経する
4 毎日時間をとる

の4つです。

色んなコピーライターさんに
お会いしてきましたが、

「結果が出ているな」
と思えるコピーライターさんが
やっている方法とほぼ一緒ですので、
やってみる価値はあると思います。

まず自分を知る

コピーライティングと自分を知ること
は何が関係あるのか?

と思うかもしれませんが、
一番重要なポイントです。

人には色んな感情や思考タイプがあります。

あなたにもあなたの感情、思考タイプがあります。

わかりやすい例を挙げると、
右脳タイプ、左脳タイプ
がそれにあたります。

右脳タイプの人が何も学ばずに
文章を書くと、
「右脳タイプが反応する文章」
になりやすくなります。

逆もまたしかり。

右脳タイプの人が左脳タイプの
人にも行動してもらいたい場合は、

「自分とは違うタイプに伝えること」
が重要になるわけですね。

なのでまずは、

自分がどういうタイプか?
どういう人間か?

を認識することが
コピーライティング力を高める一歩になる
と思います。

色んな広告を見る

コピーライティングの基礎中の基礎
になります。

世の中には色んなコピーライターがいて、
企業がコピーライターに多額の広告費を払って
世の中に公開してくれています。

「色んな広告を見る」
ということは、

大企業が多額の身銭をきって
公開している文章をカンニングすること

と全く一緒なんです。

意識して世の中の広告を
見るようにしてみてください。

写経する

「これは良いな」
と思える広告があれば写経しましょう。

※写経とは?
書き写すこと。

利き手でペンを握って
真っ白い紙に書き写していきます。

キャッチコピーの大きさ、
文章の大きさ、色、書体。

全てをマネてみましょう。

そうしていけば、
どんなポイントで大きさを変えたか、
配色はどういったパターンなのか、
書体を変えるポイントなど、

色んな気づきがあります。

基礎力をつけるためには、
「気付き」は重要なポイントに
なってきます。

毎日時間をとる

毎日時間をとりましょう。

1時間でもいいんです。

とにかく「毎日すること」が大切です。

一気にコピーライティング力をつけるぞ
と言って、1日10時間以上やっても、
数日でエネルギー切れになることが
多いです。

ですので、短くてもいいので時間を決めて、
毎日やるようにしてみましょう。

毎日1時間広告を見続けるだけでも
かなりコピーライティング力はつきます。

毎日時間をとって基礎力をつけていきましょう。

最後に

コピーライティングの基礎を勉強するのは、
そんなに難しいことはありません。

ですが、難しいことではないからこそ、
甘く見る傾向にあります。

ちょっとしたら基礎をマスターした
気分になることもよくあります。

コピーライティングは奥が深いです。

簡単なように見えるから
誰も続きにくいものだと思います。

※どんな基礎トレーニングでも
一緒ですけどね。

でも、一流のコピーライターに
なることが出来たら、

年収数億円になることも夢ではないです。

しかし、いきなり年収数億円に
なることは難しいです。

まずはコピーライティングの基礎から
しっかり固めていくよう
基礎トレーニングをやってみるようにしましょう。