病気の7割は腸からくる。
大腸を綺麗にすれば免疫力が上がる。

僕の先生が教えてくれた言葉です。

腸の不調は、身体のあらゆる部位の病気に及ぶそうで、
アトピーや食物アレルギーの原因にさえなるみたいです。

健康や美が気になる人にとっては、
腸を綺麗にすることをオススメします。

エルビス・プレスリー氏の原因も便秘だった?

エルビス・プレスリー氏の原因も便秘だった?
『最も成功したソロ・アーティスト』として、
ギネス記録にも認定されている
キング・オブ・ロックンロールことエルビス・プレスリー。

彼の死因は違法ドラッグや遺伝子問題、
度重なる不摂生や心筋梗塞など諸説ありますが、
便秘も死因の一つとされているようです。

腸の役割

腸の役割
腸の役割は消化、吸収、免疫、解毒、排泄など
様々な役割があります。

免疫細胞の約7割は腸管に集中している
免疫には、
感染予防、健康維持、老化予防
の3つの役割があります。

腸が健康にするということは、
身体の大半の免疫細胞を健康にする
という意味にもつながります。

セロトニンの90%を合成
セロトニンが増加すると、
精神が安定したり、
快眠できたり、偏頭痛を減らしたり
することができます。

幸せホルモンである神経伝達物質
「セロトニン」の大半を合成しているのは
脳ではなく、実は腸なのです。

最初に作られる臓器
人が誕生するとき、
最初に作られるのは脳ではなく
腸だそうです。

それほど人間にとって
大切な臓器だということです。

大腸は病気の発生源

健康を左右するという腸内細菌。

大腸は小腸に比べて酸素が少なく、
細菌にとっては快適な環境です。

そのため、
大腸で病気が発生しやすいのです。

なので、極論にはなると思いますが、

大腸さえ綺麗にしておけば、
病気の大半は予防することができる

そう思っています。

腸を改善する4つの習慣

最後に僕自身も実践している、
腸を改善する4つの習慣を紹介します。

1 朝一番に450mlのレモン・ライム水を飲む
毎朝起きたら必ず
ペットボトルに入れてある
レモン・ライム水を450ml飲みます。

レモン・ライム水を飲むことで
身体のペーハー値をアルカリ性に
傾けてくれるようになります。

2 コーヒーエネマをする
腸内洗浄です。

これも毎朝コーヒーを1.2リットル
お尻から入れていきます。

3分ほどキープしたら
15分ほどかけながらゆっくりと
排便していきます。

3 適度な運動をする
適度な運動は重要です。

僕の場合は少なくとも
1日20分のウォーキングを行っています。

4 発酵食品を食べる
納豆やキムチなどの
発酵食品を食べるようにしています。

エネマで排出した腸内細菌を
補充するようなイメージで食べています。

これらをなるべく毎日行うようにしています。

していなかった頃に比べると
姿勢が正しくなったり、腰痛が改善されたり、
集中力が上がったように感じます。

最初は毎日ではなくても、
少しずつ少しずつでもいいので、
これらの習慣を身につけてみてください。