2000年頃から高速回線ブロードバンド
の普及が始まり、

それまでは回線料金が
月額数十万円以上だった時代に比べて
誰でも簡単にインターネットを活用することが
できるようになりました。

ISDNからADSLが普及し、
さらにそこからインフラが整い
一般家庭にどんどんと普及されていきました。

1993年にホームページ閲覧ソフトが
開発されインターネット閲覧人口が爆発的に
増加していきました。

さらにインターネットの普及に比例して、
ホームページを活用して集客する人も
一気に増加していきました。

今やホームページがあって当たり前

一昔(2005年頃)には
ホームページがあるのはスゴイ
ともてはやされた時代でした。

誰でもかれでもホームページを作れた
わけではないのです。

限られた専門知識のある人のみが
ホームページを作ることができたのです。

そんな時代だからこそ
ホームページ1つ作成するのでも
100万円なんて当たり前、

500万円、1,000万円かけても
ホームページを作ってくれと
お願いする企業さんばかりだったようです。

かのホリエモン(堀江貴文)さんも
ホームページ制作会社を立ち上げ
1つ作成するのに数百万円という大金
をもらっていたようです。

ですが今はどうでしょう?

2005年にはホームページがあったら
スゴイともてはやされていたのが、

今では、
ホームページ一つもないの?
とホームページがないと
小馬鹿にされる時代です。

専門知識なんてなくても、
少しだけソフトの使い方やコツがわかれば
小学生でも作れてしまうのです。

サイトを作成するのに
数百万円もの大金をかける企業さんの方が
珍しいと言われています。

個人事業主さんであれば
外注を使ってホームページを作るなんて
もってのほか。

「ホームページなんて自分で作って当たり前」
の時代になってきているのです。

昔は存在するだけで売れた

では小学生や少しソフトの使い方を
知った人がホームページを作って集客ができるか?

それは違います。

素人さんがホームぺージを作って
集客できていたら世の中もっと豊かに
なっているはずです。

でもそうではありません。

企業がホームページでもバシバシ集客できていたら
今頃給料はうなぎのぼり、
ボーナスもどんどん出してくれるでしょう。

でも違いますよね。

一部の集客がうまくいっている企業のみが
うまくいってない企業の分だけ集客し
利益を上げているのです。

ホームページ集客のコツを知っている一部の人が
集客方法の知らない素人さんたちを
駆逐しているように感じます。

ホームページ集客のコツを知らない
素人さんがホームページを作ったとしても
集客できないのが当たり前

なのです。

素人を馬鹿にしているのか?

こんなことを書いていると
素人さんを馬鹿にしているように
感じるかもしれません。

そんなことはないのです。

むしろ素人さんのレベルは
どんどん上がっているし、
素人さんでもかなりできの良い
ホームページはできているのです。

むしろ2005年の頃の
ホリエモンさんより今の素人さんの方が
クオリティの高いホームページを
作ることができているのです。

月とスッポンくらいのレベル差
があります。

有名なホリエモンさんよりも
クオリティの高いホームページができるのに
なぜ集客ができないのか?

クオリティの高いホームページが作れている
のだから集客できて当り前
だと思ってしまいますよね。

時代が違う=効果が違う

昔はある方が珍しい時代。
今はあるのが当たり前の時代。
なのです。

ある方が珍しい時代の方では、
ある方が珍しいので検索しても
限られたホームページしか表示されなかったのです。

限られたホームページしか
見ることができなかったので、
選択肢がほとんどなかった時代でした。

お客様は選ぶことができなかったのです。

今はあるのが当たり前の時代です。

あるのが当たり前の時代では、
ホームページがありすぎるので、
選択肢がありすぎて選ばれないこと
の方が多くなったのです。

例えば、100㎥もの広大な土地に
1粒の小豆があるとします。

広大な土地の中で1粒の小豆を探すのは
苦労してしまいます。

では、

まっさらな土地で
その土地に何もない状況で
小さな1粒の小豆を探すのと、

土地いっぱいに砂利や土、
大豆やさやえんどう、そらまめ、落花生
などがいっぱいにばらまかれている状況で
小さな1粒の小豆を探すこと。

どちらが簡単ですか?

おそらくあなたは今、

まっさらな土地で
その土地に何もない状況で
小さな1粒の小豆を探すことに
決まっているでしょ。

と思ったはずです。

土地いっぱいに砂利や土、
大豆やさやえんどう、そらまめ、落花生
などがいっぱいにばらまかれている状況で
小さな1粒の小豆を探すことは
不可能に近いことだとイメージできたはずです。

一昔前は広大な土地に
何もなかったのです。

でも今は広大な土地に
様々な思惑を持ったホームページが
存在してしまっているので、

どんなに素晴らしいホームページ
だったとしても、
見つけることができなければ
集客につながることはできません。

ホームページ集客のコツ

色々な書籍やウェブサイトを見ていると、
ホームページ集客のコツはたくさんあります。

・内容は一貫しているか?
・ベネフィットは伝わっているか?
・共感はできてる?
・行動促進の表示はある?
etc

ホームページ集客のコツ
なんて山のようにあります。

昔と比べたら情報量も恐ろしいほどに
増加しています。

ですが素人さんがそれを見て
実際に集客に成功しているか
と言うと、比例していないのが現実です。

どんなに素晴らしい情報に
囲まれていたとしても活かしきれていないのです。

なぜなのでしょうか?

ノウハウがこんなにあふれる世の中なのに、
親切丁寧に「こうやったら集客できるよ」と
文章だけでなく画像もつけて解説してくれているのに。

目の前に答えが落ちているはずなのに
真剣にその答えを解こうとしません。

なぜなのか?

ビジネスをやり始めて数年たちますが、
色んな人に出会ってきてわかってきたことが
あります。

危機感不足です。

・作ったら見てくれるだろう
・ホームページを作れば売上が上がるだろう

ホームページで集客できていない人
を見ていると、

そんな軽いノリ、気持ちで作っている人が
多く見受けられました。

ですが所詮現代のホームページは、

土地いっぱいに砂利や土、
大豆やさやえんどう、そらまめ、落花生
などがいっぱいにばらまかれている状況で
小さな1粒の小豆を探すことに等しいわけです。

小さな小さな1粒の小豆なのです。

2005年の時代と比べて
自分だけ目立てるような状況
ではないのです。

ホームページ集客のコツは、
まずその状況を強く認識すること
だと思います。

どこか上の空でサクッとホームページで
集客できるわけではないのです。

時間をかけ、真剣に取り組み、
色んなテストを繰り返しながら
初めてホームページ集客が始まります。

ホームページ作成スキルは年々向上し、
誰でも簡単にホームページは作れます。

毎日毎日数万というホームページが
誕生しているのです。

今は小さな1粒の小豆かもしれませんが、
それが来年にはさらに小豆の半分くらいの
大きさになるかもしれません。

スキルや考え方が常に成長している時代なのです。

今悠長にしてポカンと口を開けて
軽い気持ちでホームページを作っても
誰も見てくれないし相手にしてくれません。

時代は常に変わっていくのです。

まずはそのことを認識することこそ、
ホームページ集客のコツではないか

と思います。