起業したい、
という方はたくさんいます。

理由はさまざまですが、

・会社勤めが面白くない
・上司、同僚と一緒に仕事はいやだ
・人生一花咲かせたい
・会社でトップの成績だから独立してもできる!
・今の趣味を仕事にしたい

本当に人それぞれです。

起業したい理由が無ければ、
起業するという気持ちにはなりませんし、
会社勤めで満足している状態だと思います。

起業したい理由を書き出す

起業したい理由もないのに、
なんとなく起業したいという方は、
まずは起業したい理由を書き出しましょう。

理由がないと起業してはいけないのか?

はい、その通りです。

起業する理由が明確でなければ、
起業後のモチベーションが続きません。

独立起業 = 儲かる
という簡単な計算とはいきません。

ちょっとうまくいかなかったら
すぐに辞めてしまうでしょう。

理由があって起業したとしても、
起業後1年で50%の人が倒産、
もしくは再就職という道を選びます。

創業後3年で90%が倒産という事実もあります。

理由があって、事業計画書も
綿密に書いてあったとしても
ほとんどの方が倒産してしまうのです。

そうなってしまわないよう、
起業理由を書き出してみてください。

箇条書きでどれだけあってもかまいません。

・将来どうなりたいのか?
・このままだとどうなるのか?
・いくら稼ぎたいのか?
・どんな人と付き合いたいのか?
・今の仕事でダメな理由はあるのか?

色々と出てくると思います。

思い立ったらすぐ起業ということより、
まずは少しずつでもいいので、
起業理由をどんどんと書き出してみましょう。

一度書き出した理由を何度も
見直してみてみると、
どういう将来に向かいたいのか、
が明確になってくると思います。

他人軸ではなく自分軸

起業後成功し続けるためには
うまくいかないときでもモチベーションを
維持できるような明確な理由が必要です。

モチベーションがなければ、
うまくいかない時期が続いたら
すぐに挫折してしまいます。

車を動かすにもガソリンが必要なように、
人を動かすにもモチベーションが必要なのです。

モチベーション維持のために
起業理由はとても重要です。

では起業理由はどんなものがいいのか?

・毎月100万円稼ぎたい
・お金や時間に縛られないようにしたい
・会社に縛られたくない

色々とあると思いますが、
一番注意して欲しいことは、

その理由は他人軸なのか自分軸なのか?
ということです。

・毎月100万円稼ぎたい
・お金や時間に縛られないようにしたい
・会社に縛られたくない

実はこれらは僕が起業するときに
思っていた起業理由です。

起業してから数年経ちましたが、
なんやかんやで達成はできています。

でも途中で色んな理由が追加されていきました。

・有名になりたい
・プロモーションで稼ぎたい
・人から尊敬されるようになりたい

起業してからたくさんの人と
出会うようになってから、
成功している人をすぐに羨ましく思い、
真似をしようとしてきました。

ですが、他人の成功を羨ましく思って、
いくらそれを真似ていたとしても、
モチベーションは続きませんでした。

他人の夢は自分の夢ではない

・有名になりたい
・プロモーションで稼ぎたい
・人から尊敬されるようになりたい

有名になってプロモーションで
短期間で爆発的に稼いで、
人から尊敬されるようになったら…

一時期はそう思って活動しかけた
ときもありました。

ですが、わずか数ヶ月で辞めてしまいました。

少し達成できたとしても
虚しいと感じるようになったからです。

他人の夢は所詮他人の夢です。
自分の夢ではありません。

結局、

・毎月100万円稼ぎたい
・お金や時間に縛られないようにしたい
・会社に縛られたくない

に集中するようになってから、
自分らしさを取り戻し、
モチベーションが落ちることがなくなりました。

あなたらしい起業理由を見つけよう

起業しようと思っている人は、
ぜひあなたらしい起業理由を見つけてみてください。

・本を読んで啓発された。
・ネットを見ていると羨ましくなった。
・会社の上司とうまがあわない

そんな理由では起業はしないほうがいいです。

起業理由を書き出したときに、
それらが他人のことがメインで書いていたら要注意です。

起業後は、思った以上にメンタル面での試練が続きます。

僕自身も何度も何度も
就職雑誌を読んでしまい、

いっそのこと就職したほうがマシだ
と思った時期もあります。

うまくいっていないときに、
友人からうまくいっているか聞かれても
うまくいっていると言うこともありました。

その度に心が折れそうでした。

それでも自分の夢を信じ、
起業理由を思い出し、
一生懸命作業してきました。

だからこそ今の自分があると思っています。

大切なのは、
どれだけ他人から批判されても、
決して曲げないこと。

ここだと思います。

そのためには、
自分らしさを発揮できるような起業理由
が必要です。

・本を読んで啓発された。
・ネットを見ていると羨ましくなった。
・会社の上司とうまがあわない

もちろんこういった感情の変化は
起業する1つのきっかけにはなるかもしれません。

ですが、
根本的な理由にはならないのです。

感情の変化で起業したとしても、
感情の変化で辞めてしまいます。

感情で判断するのではなく、
思考で判断するようにしてみてください。

多少時間はかかるかもしれませんが、
そうやって作り上げてきた起業理由は、

困ったときにあなたの背中を押してくれる
大切なパートナーとなるでしょう。