マーケティングとは?
英語で「marketing」と書きます。

顧客が真に求める商品や
サービスを作り、その情報を届け、
顧客がその商品を効果的に
得られるようにする活動

wikipediaより抜粋

という意味だそうです。

経営学者の
ピーター・ドラッガーさんは、

「マーケティングとは、
顧客から始まるビジネス思考である」

と言っています。

初めこの言葉を目にしたときは、
目がテンになりました。

どうも僕は頭がよくないので、
色々考えてみました。

マーケティングの解釈

僕なりに解釈してみると、
2つあります。

1 お客様を知ること
2 ライバルを知ること

シンプルに考えて、

1 お客様を知ること
2 ライバルを知ること

この2つを調べ尽くすこと、
それがマーケティングなんだ
と思っています。

なぜマーケティングスキルが重要なのか?

特にビジネスにおいて、
マーケティングは重要です。

どんなに自分が良い
と思っている商品でも、

お客様が必要としていなければ、
お客様が欲しいと思っていなければ、
なかなか売れません。

お客様が必要だと思っていても、
ライバルが全く同じ商品を
バンバン売りさばいていたら
これもなかなか売れません。

マーケティングスキルを
身に着ける

ということは、
「収入面」に直結してくる
スキルなので、

人生を豊かに過ごしたい

と思っている人にとっては
必須のスキルだったりします。

マーケティングスキルがもたらしてくれるもの

マーケティングスキルがもたらしてくれるもの
いくらコピーライティングの
テクニックが素晴らしかったとしても、

いくらホームページを作ることが
得意だったとしても、

同じスキルを持った
ライバルがいたら、

マーケティングが上手い方に
軍配が上がります。

あなたが持っているスキル以下の
ライバルだったとしても、

ライバルの方が
マーケティング力が上だったら
負けてしまうかもしれません。

マーケティングスキルというのは、
どんなアドバンテージも
覆してしまう強力な武器。

になるんですね。

悪く言ってしまうと、

マーケティングが上手ければ、
どんな商品でも売れてしまう

という驚愕の事実もあります。

頼りすぎると危険

頼りすぎると危険
「だったらマーケティングの
スキルだけ学んだらいいのでは?」

と思うかもしれません。

確かに、マーケティングスキルを
上手に使いこなせるようになれば、

どんな商品やサービスでも
売れてしまいます。

勝手に売れます。
ほったらかしでも売れます。

驚くほど売れてしまいます。

ですが、
マーケティングだけに頼り
過ぎると非常に危険です。

お笑い芸人さんに
例えてみましょう。

「一発屋芸人さん」
をイメージしてみてください。

1 お客様を知ること

お笑いを必要としている

2 ライバルを知ること

誰もやっていない

これでブレイクしたとします。

でも、「これだけ」だったら、
6ヶ月程度で消えてしまって
いますよね。

あの人は今状態に
なってしまいます。

最近一世をふうびした

・なんとかバズーカさん
・ダメよダメダメの人

最近誰かがモノマネを
している姿すら見なくなりました…。

「マーケティングのみに頼ると
短期的に終わる可能性が高い」
ということです。

これは、
マーケティングのみに頼った例
だったりします。

※一発屋芸人さんを
批判しているわけではないですよ。

ホンモノの価値を提供する

ホンモノの価値を提供する
どうせだったら、

短期的にもうまくいき、
長期的にもうまくいきたいですよね。

でしたら、

マーケティングを活用し、
コピーライティングスキルを駆使する。

そして、
ホンモノの価値のみを提供し続けること。

に集中してみてください。

※お客様にとってのホンモノの価値
というのはマーケティング用語で
「ベネフィット」と呼ばれています。

ホンモノの価値のみを
提供し続けることは

とても時間がかかります。

ホンモノの価値のみを
提供し続けることは

並大抵の努力ではできません。

ホンモノの価値のみを
提供し続けることは

常に葛藤が出てきます。

だからこそ、
ホンモノの価値のみを提供し続けること
は誰にでも出来るわけではありません。

だからこそ、
誰にでも出来るわけではないですし、
誰でも続けられるわけではないんです。

もしもあなたが
マーケティングスキルを磨き、

ホンモノの価値のみを提供し
続けることが出来た時には、

気付いたらライバルは
いなくなっているでしょう。

ポツンと一人ぼっちです。

ポツンと一人ぼっち
になることができれば、

あなたのみがその分野で
成功し続けられる

と思います。

最後に

マーケティングには、
その他専門用語がたくさんあります。

・4P分析
・USP
・ベネフィット
・ターゲティング
・セグメント

難しい言葉を並べるより、
よりシンプルにマーケティングとは何か
を伝えてみました。

1 お客様を知ること
2 ライバルを知ること

シンプルに考えると、
この2つになるのかなと
感じています。

もちろんもっともっと深い技術は
必要になってくると思いますが、

まずはこの2つを徹底的に追求
してみてください。

専門用語を学んだ時に
大きな気付きがあると思います。