・悪口を言われた
・いやな事があった
・うん○を踏んだ

等、
ネガティブな事がおきてしまうと、
どうしてもネガティブなまんまいると気分的にいやーな感じになってしまいます。

こういったときにポジティブになれる究極の方法をお話します。

まずネガティブになるような出来事があったとき、
例えば人から悪口を言われたとしましょう。

そんなとき人はついついその言われた悪口について、
人に愚痴を言ったり、お酒を飲んだり、タバコを吸ったりして、
解消しようとします。

単純ですが、
物事を「ネガティブ」と「ポジティブ」に分けた場合、
こういった行為は、

ネガティブなものにネガティブを重ねている

だけなんですよね。

ネガティブにネガティブを重ねてしまうと、
更にネガティブになってしまいます。

これではいつまでたってもネガティブですよねー。

ではネガティブな事があったとき、
ポジティブなことを重ねてみましょう。

人から悪口を言われたとき、

ハーブティを飲んで一息ついてみる

という習慣をつけてみたらどうでしょうか??

一見「ハーブティを飲む」という行為はなんの変哲も無い行為だと思いますが、
ハーブには人をリラックスさせる効果(ポジティブ)があり、
体を健康にする効果(ポジティブ)があります。

つまり、
悪い事がなく、
いい事しかないんですよね。

これって他にも、

・タバコをやめようとしているのに吸ってしまう人

にもうまく当てはめる事ができます。

タバコは体によくありません。(ネガティブ)

そこでタバコを吸いたくなったらハーブティを飲む(ネガティブ)

という習慣をつけてみたら、
どうでしょうか?

体に良くない事をしても心はやめたいと思っている。

タバコをやめられないからと言って愚痴を言うよりは、
ハーブティを飲んで体を健康にしたほうがよっぽどいいわけです。

いかがでしょうか?

どうしてもネガティブな考え方のスパイラルに陥った場合、
ポジティブな行動、もしくはポジティブになれるような考え方をしてみるんです。

嫌な事があって、
酒を飲んだり、愚痴を言っても、
結局ネガティブのスパイラルです。

ネガティブにポジティブを重ねる事で、
あなたもぐっとポジティブに近づく事ができますよ。