・いつまでたってもサラリーマンはやめられない
・お金で苦労している
・もう貧乏は嫌だ。

もしもあなたが「お金」で困っているのであれば、

「お金持ちが続けているたった一つの事」

について同じことをし続ければ、
きっとあなたもお金持ちと同じように「お金」で困る事はありません。

ロバート・キヨサキさんの「金持ち父さん貧乏父さん」を見ている人は知っていますが、

お金持ちが続けているたった一つの事。

なんだと思いますか???

・会社を作る事?
・ビジネスを立ち上げる事?
・新しい家を買うこと??
・色々と旅をしている事?

答えは、、、、、

資産を作る

という事です。

さて、ここで出てくる資産について考えてみましょう。

例えば、

・「一生の資産」と呼ばれている「マイホーム」は資産でしょうか?

例えば、

・小さい頃からずっとずっとずーーーーっと欲しかった車を買う事。
この車は資産でしょうか?

答えは「ノー」です。

お金持ちからしてみれば、
これらは「資産」ではなく「負債」になります。

なぜか???

お金持ちのいう「資産」というのは、

「お金が生まれ続けるもの」

であり、

お金持ちのいう「負債」というのは、

「お金が出続けるもの」

という事なんですね。

つまり、

お金持ちは「稼いだお金」を「資産」に変え、

貧乏人は「稼いだお金」を「負債」に変えているんです。

たったこれだけだと思うでしょうが、
これはすごく大きな差なんですよね。

結局お金がいつまでたってもたまらない人というのは、
負債を買い続けることによって、
負債から発生する「出て行くお金」分も稼がなくてはいけません。

いつまでたってもサラリーマンがやめられない人、
いつまでたっても全然お金がたまらない人、
いつまでたってもお金持ちになれない人。

それぞれが共通して、

負債を買い続けている事によって、
結局自分の首を絞めているわけなんですよ。

ちょっと考えてみてください。

あなたのライフスタイルにあるものすべてを「資産」と「負債」に置き換えてみるんです。

資産というのは「お金を生むもの」

負債というのは「お金が出て行くもの」

送考えると「マイホーム」は資産でしょうか?
車は資産でしょうか????

違いますよね??

れっきとした「負債」なんです。

だからお金持ちは不動産(賃貸用)を買うんです。
だからお金持ちは新しいビジネスを立ち上げるんです。
だからお金持ちは「負債」を買おうとしないんです。

もしかすると、
負債を買わないお金持ちは一般的に「ケチ」に見えるかもしれません。

でも将来的に自分の首を絞めるのは「負債」だという強い認識があるため、
そういったものにはお金を使わないんです。

もしもこの負債を持つ事で、
将来的に周りの人や家族を養う事ができなくなるかもしれません。

是非周りのものを資産と負債に分けてみましょう。

あなたが何をやってもお金がたまらない理由が見つかるはずです。