今日は、
バレーボールの試合に
ふと気付いたことをシェアします。

「バレーのトス」
って知っていますか?

スポーツでオリンピック種目にも
選ばれている「バレーボール」で

アタックするために
打ちやすいようにボールを
持っていく作業のことです。

試合を見ていると、
アタッカーにとってトスは、

・打ちやすい球
・打ちにくい球

とあるようでした。

打ちやすい球であれば、
アタッカーはバシバシ相手コートへ
球を叩き付けていきます。

打ちにくい球でも
何とか姿勢を崩しながらでも
相手コートへ球を入れようとします。

でもですね、

「トスが上がっているのに、
手を出そうとしない
アタッカーはいないこと」

がわかりました。

打ちやすい球はもちろんのこと
打ちにくい球まで一生懸命食らいついて
相手コートに球を入れようとする

けれども、

球が飛んできているにも関わらず、
ボーッとして何もしないアタッカーは
いないんです。

これってビジネスの世界でも
そうなのかなって思いました。

「トスが上がっていることに気付かない」

どんなに相手コートに球を入れたいと
思っていても、

トスが上がっていることに
気付かなければアタックすることが
出来ません。

打ちやすい球ばかり待っていて、
打ちにくい球はパス。

試合の中で打ちやすい球ばかりか?
と言えば、「NO」です。

打ちやすい球ばかり待っていても、
そのチャンスは少ないということです。

もっと怖いのは、
「トスが上がっていることすら気付かないこと」

せっかく良いトスが上がっているのに、
打たないなんてもったいないですよね。

もう1つ気付いたことがあります。

それは
バレーボールには「仕事の役割が明確」
だということ。

アタックする人
トスを上げる人
レシーブする人

僕はあまりバレーボールには詳しくありませんが、
だいたいこういった役割の人がいると思います。

アタックする人はアタックを。
トスを上げる人はトスを。
レシーブする人はレシーブを。

集中してやっています。

ビジネスや仕事の場面でも、
「適材適所」という言葉があるように、

自分に合った作業をこなすこと
が大切ですよね。

アタックが下手くそなのに、
一生懸命アタックしようとしても

良い成果は生まれません。

トスがどうしようもなく下手なのに、
トスを上げようとしても
ボールはあさっての方向にいってしまいます。

バレーボールの試合を見ているだけでも
すごく勉強になりますね。