『結果』
という言葉を聞いて、
どんなことを想像しますか?

こう聞くと、
10人中8人は、

『自分が求めていること』
と答えます。

もちろんそれは間違いでは
ないと思っていますが、

本当の『結果』というのは、
そんなに綺麗なものではなく、

もっとギトギトしていて、
ネチネチしていて、

自分が想像しているものとは
かけ離れていることの方が多かったりします。

ちなみに、
僕の中での『結果』というのは、

『行動したことに対しての答え』
だと思っています。

もちろん
「自分の求めていること」
を達成することも結果になりますが、

『自分が想像している良い結果』
というのは、

良い結果と悪い結果の集合体
だと思っています。

行動 ⇒ 悪い結果
行動 ⇒ 良い結果
行動 ⇒ 悪い結果
行動 ⇒ 悪い結果
行動 ⇒ 悪い結果
行動 ⇒ 求めている結果

そもそも、
結果というのは、

『行動に対しての答え』
なので、良いも悪いもないんですが、

結果の連続が求めている結果に
つながるんだと思っています。