「ふぐの調理法」と「ビジネス」

今日はビジネスで成功するために
必要なスキルについて書いていきます。

———————

「ふぐ」
って知ってますか?

あの、海にいる魚?で、
お刺身にしても美味しいし、
なべにしても美味しい食材です。

高級料理としても有名ですよね。

小さいころはふぐは高級すぎて
食べることすら見ることすら出来ませんでした。

さて、そんな高級料理として知られている
「ふぐ」ですが、
残念なことに毒があります。

ふぐの毒にあたってしまうと、
人がコロッと死んでしまうくらい
強力な毒です。

日本でも年間数人はふぐの毒に
あたって死んでしまっているようですね。

ふぐの調理法を1つでも間違ってしまうと、
どんなに屈強な人でも
死んでしまいます。

これってビジネスでも一緒だと
思っています。

どんな高級食材でも、
調理方法を間違ってしまうと、
コロッと死んでしまいます。

もったいないことになってしまいます。

ビジネスアイデアも一緒で、
どんなに優れたアイデアがあったとしても、

扱う人にそれ相応の器がなければ
うまくいくことなく終わってしまう可能性が
あります。

————————

優れたアイデア(高級食材)
  = 成功する(美味しく食べられる)

ということではない

————————

ということですね。

逆に、その辺の川で取れる
「フナ」を美味しく調理する人も
世の中には存在します。

フナというと、田舎にはたくさんいる
大衆魚です。

その辺の川にたくさん生息しています。

価値なんて全くないように
思えるような魚だったりします。

同じ魚でも、
高級食材と一般食材と
大きく違います。

ですがどうでしょう。

凄腕の調理人がその辺で取れたフナを
調理すると、美味しさがぜんぜん違います。

その辺で捕れたふなでも
美味しくいただけることもあるんです。

高級食材のふぐより
美味しく食べられたりします。

もっというと、
その辺に住んでいるザリガニ。

これもあまり知られていませんが、
ザリガニは美味しいです。

うまいんです。

そしてとある地方では、
伊勢えびよりも高級食材として
扱われているそうです。

でも「美味しい」ということを
知らずにザリガニを扱う人のほうが
たくさんいます。

優れたアイデア(高級食材)
  = 成功する(美味しく食べられる)

わけではありませんし、

優れたアイデア(高級食材)を
見極めるスキル

も重要だと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*