物事には、

・良い面
・悪い面

があると思います。

「良い面」ばかりを見れる人のことを
ポジティブ思考と呼ばれていたり、

「悪い面」ばかりを見れる人のことを
ネガティブ思考と呼ばれています。

例えば、最近僕は、
バスケの最中にねんざをしました。

痛くて歩けないほどに
ギンギンに腫れてしまったんですが、

「これで仕事に集中出来る」
と考えました。

傷害保険にも入っているので、
「やった。通院しながらお金がもらえる。」
とも思いました。

バスケのねんざ

【良い面】
・仕事に集中出来る
・保険がおりてお金が入る
・試合を見ることに集中出来て
 新しいプレースタイルの勉強になる

【悪い面】
・痛い。
・バスケが出来ない
・スポーツが出来ない

どうせ起こってしまった事実です。

ものごとには良い面、悪い面がありますが、
どっちを考えたって、
「事実は変わらない」です。

だったら「どっちの思考の方が得か?」
と考えると、

良い面
を考えた方が得した気分になります。

全てが損得ではないと思いますが、
「どうせだったら」と考えたら
悪い面を考えるより、
良い面を考えた方が気持ちいいです。

長い人生の中で、
「変わらない事実」
に何度も何度も遭遇するんだと
思います。

その時に「良い面」「悪い面」
どちらを選ぶかは自由だと思いますが、

・人生を楽しみたい。

と思っている人は、
是非「良い面」を選択して
考える癖をつけてみてください。

人生が150%以上楽しくなります。