夢や目標を持つ意味

「夢や目標を持ちましょう。」と言われても、将来やりたいことが見つからなかったりする人が多いということに
最近気付きました(汗)
8対2くらいの割合で、持っていない人が多いです。

これは学生さんでもそうですし、起業している人でもそういう人が多いと感じました。

起業している人が夢や目標を持っていない?

まさかこんなことがありえるのかと思っていましたが、現実はそうでした。

夢目標を持たない場合の末路

では夢や目標を持っていない人が起業したらどうなっているか?

というと、・就職という選択
・儲かっていない

実際そうなっている人が多いです。

逆に、夢や目標を持っている起業家は、だいたいの人がうまくいっています。

これは起業のきっかけにもよるんですが、夢や目標を持たない人でうまくいかなかった起業家は、・今の職場がいやだから・職場の顧客を持っていけばうまくいく
そう思って独立しているそうです。

ネガティブだけでうまくいく?

マイナスパワーを活かして起業するのは賛成なんですが、ただ嫌だから、ただうっとうしいから。

そんな理由では、「働いていた頃の方が幸せだった」という現実を見てしまいます。

※僕がそうでした。

顧客をもっていけばうまくいくと思っていた。

そう感じるようになるかもしれません。

そこで現実をみて、就職しなおしたりするようになるわけです。

僕が思う、夢(目標)ってそんなに大それたことではなく、・こうなりたい。
・こんな人になりたい。

という程度でいいと思っています。

「ただ嫌だから」はきっかけとなって、「こうなるぞ。」という想いって本当に大切だと思っています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*