誰かとジョイントしようとしていたり、これから何かを始めよう。

そんな時には、なるべく早く結果を出したいですし、
なるべくストレスなく作業を進めていきたいと考えますよね。

そんな時に役立つ『3つの考え方』を紹介します。

最短で結果を出す3つの要素

1 完璧を求めない

何でも最初は完璧を求めないということです。

最近のスマホアプリとかを見たら分かると思いますが、

まずはリリース。

バージョンアップで顧客の満足度を上げたり、修正を繰り返したりします。

最初から完璧にしようとすると、それだけスピードが遅くなるだけでなく、
結果を出すまでのスピードが遅くなってしまいます。

2 目的をはっきりしておく

目的というのは、

『このビジネスを通じて、お客様にどんな価値を提供し、自分がどうなりたいのか?」

ということです。

目的をはっきりしておくことで、より作業スピードが上がると思っていますし、
何より「考えがブレません」。

3 目標を作る

目標というのは、

「目的を達成したと感じるための、具体的な数値」

だと思ってみて下さい。

例えば、

「自分の経験を通じて、起業家を育成し、日本を元気にする。」

という目的だったとすれば、

「3年以内に、起業家を1000人育成する。」

これが目標になります。
※複数あってもOKです。

目的に対して、より具体的な期限や数値を入れておくことで、
この目標が達成されたとき、目的が達成される。

という指標になりますので、モチベーション維持につながります。

・完璧を求めな。
・目的をはっきりする
・目標を作る

この3つの要素を取り入れるだけで、最短で結果を出せるようになると思っています。