朝起きのコツ

「朝起きが嫌だ」
とつい思ってしまうのは、この世に生まれてから、「朝起きるのが嫌じゃない。」と思うことよりも、おそらく多いんじゃないかなと思っています。

僕も朝起きるのが嫌でした。

これから仕事か…

そう思っているものの、仕事に行かなければ怒られてしまうし、怒られる > 朝起き
という構図のもと、むりやり朝起きしている感じでした。

でも嫌なものや嫌でした。

ところが今はどうでしょう。

10時までに自分の会社に行けばいいんですが、気付いたら8時には車に乗って8時半頃には
「勝手に仕事をしている」という感じです。

以前の僕が見たらびっくりするくらい朝から精力的に動けます。

なぜか?

おそらく「自分のやりたいことが明確になったから」
だと思っています。

・やらされている感覚
のではなく
・やっている感覚
これで朝起きるのが嫌じゃなくなり、朝からフルに活動できるようになりました。

そうはいっても「やらされている感覚」から抜け出せないのであれば、是非やって欲しいことがあります。

2つあります。

1 毎日夢を話す

将来やりたいことはありますか?
なければ収入面でもいいので、「いくら欲しい」というのを毎日話しましょう。

誰に?
友達でもいいですし、いなければ、独り言でも十分です。
これは強力です。

2 鏡の前で笑顔になる
どうしても朝が苦手な人はこれをやってみてください。

起きてすぐのところに鏡を用意してください。

起きたらすぐに鏡に向かって「笑顔」を作るんです。

ニコニコニコニコしてみてください。
面白くなくても笑ってみてください。

気持ち悪いぐらいの笑顔でいいですね。

そうすればだんだんと脳が
「朝起きることが苦痛」ではなく、「朝起きることが楽しい」と思うようになります。

朝起きるのが辛いという方は是非チャレンジしてみてくださいね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*