創業補助金の真意

「創業補助金」
という

起業した時や
新規事業を始める企業相手に

「最大200万円もらえる」
という国からもらえるお金があります。

※最大300万円使ったうちの
3分の2が補助されます。

太っ腹ですね。

この補助金が出てからというもの
たくさんの起業予定者や
新規事業者が名乗りをあげたそうです。

審査はあるものの、
それほど審査は厳しくなかったようで、

最初に申し込みをした方の
ほとんどがうかったようです。
※あくまで聞いた情報ですが…

では実際にそのお金を活用して

・ビジネスを始めた人
・ビジネスがうまくいっている人

はどれくらいいるか?

実はこの補助金をあてにして
新規事業を初めて、それを継続している人は
意外と少ないそうです。

そしてそのお金を活用して
ビジネスがうまくいっている人も
僕は聞いたことがありません。

なぜか?

この補助金というのは
無条件で200万円もらえる代わりに、

「色々と申請が面倒だから」
「出ないお金もあるから」
だったんです。

この補助金を受けた人で
10人ほど知り合いがいるんですが、

その中で7人は降りました。
「面倒くさいから」
です。

ここにこの補助金の本当の意味があるなと
感じました。

つまりはこうです。

このお金をもらう代わりに、
そのビジネスへの情熱と想いが
どれだけあるか?

・補助金が出たから起業する
・補助金が出たから新規事業を立ち上げる

これは大いに結構だと思いますが、
そこに「強烈な情熱と想い」がなければ

審査や申請が面倒だよ。

そもそもそんなに面倒だったら、

その時間をビジネスを回す方向に
使ったほうがうまくいきやすい

と感じてもらおう。

これがこの補助金の真意なのかな
と勝手に想像してしまいました。

この補助金をきっかけに
事業がたくさん立ち上がれば、

税金として国に還元されるので
最終的にはOKという国の想いも
あると思うんですが、

それ以上にハードルの高さと
申請・審査の面倒さ
でかなりふるいに落としているんだな。

と感じました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*