「商品が売れない理由」には共通点がありました。

もしも今何かしら商品を販売している人であれば、
今日の記事は参考になるかもしれません。

商品が売れない本当の理由

商品が売れない場合、
大きな原因が3つあると思っています。

僕はクライアントさんから「商品が売れない」と相談を受けた場合、
だいたいこれらの考え方に当てはめて考えています。

1 商品を売るタイミングではない

どんなに素晴らしい毛皮のコートでも、
季節が夏であれば売れにくいのは当たり前ですよね。

受験シーズンでもないのに、
どんなに素晴らしい「受験商材」を販売しても
売れません。

まずは
この商品を販売するタイミングか?
を見てみます。

2 必要とされていない

売れる商品というのは、

・必要とされているもの
・欲求があるもの

開発者自身が、
「これは素晴らしい商品ですから絶対売れると思うんです。」
と思っていても、

必要とされていなければ売れません。
欲しい。と思える要素がなければ売れません。

今の商品に「どちらかが欠けている状態」であれば売れにくいです。

3 コンセプトが明確でない

ここが一番大事だと思います。

商品コンセプトというのは、
くだいた形で説明すると、

誰でもわかりやすいかどうか?
ということだと思っています。

これは、

商品を利用する人が、
商品コンセプトを聞いて、

・すぐに理解出来る?
・使いこなせる自身がある?

この2つの視点を持って考えます。

商品を人に説明した場合、
ハテナマークが1つでもついてしまうと、

「その商品のコンセプトが100%伝わっていない状態」

ですので、
「理解さえしてくれればどんなに素晴らしい商品」
でも、売りにくくなるのは当然だと思います。

・分かり易く伝えるには?
・相手がすぐに利用出来ると思ってもらうには?

この2つの視点から
今一度商品について考え直してみると、

意外に売れ易くなるかもしれません。

その他にも広告戦略が間違っている、
ターゲットが間違っている
など様々な要因がありますが、

まずはこれら3つの要素を考えてみませんか?
考え直すのは無料ですから
やってみる価値は充分にありますよ。