先週ホノルルマラソンに
参加してきました。

初めてのフルマラソン。
初めてのハワイです。

1人で乗り込むには
ちょっとハードルが高かったかな
と思いつつ参加してきました。

完走できず…

結果としては完走できず…。

熱射病で倒れるという
奇跡の体験をしてきました。

6分10秒/kmくらいのペースで
30km走った位でしょうか、

ペースランナーの風船が
遠のいていくところまでは覚えていましたが、
気付いたらレスキューに運ばれていました。

「暑くないですか?」
「大丈夫ですか?」

薄れている意識の中、
片言の日本語で質問されて
意識が少しずつ戻ってきました。

ああ、俺は完走できなかったんだ…。

意識もうろうとしながら、
治療室に運ばれました。

入院か?

だんだんと意識がはっきりと
してきた頃、手足が動かないことが
わかりました。

動こうとしても動かない。
とにかく痛い。

過去にもいろんな怪我をしてきたので、
どれほどの状態なのかが
理解できてしまっていました。

これは1ヶ月ほど入院かな…
どれくらい治療費かかるかな…
会社どうなるかな…

自分のことは自分がよくわかる
とはよく言いますが、
今考えるとよくあそこまで
大げさに考えていたなと思います。

救急車代金

とにかくここはハワイホノルル。
日本ではありません。

保険が効かない国だとは
重々知っているので、
治療費がいくらかかるのかが
とにかく心配でした。

通訳の日本人がいたので、
「治療費はいくらくらいになりそうですか?」
と聞くと、

「そうですね、
今はわからないですが、
救急車代だけは別で15~20万円くらいですね」

とのこと。

やはり高額。
救急車代だけでそんなにかかるのか…

少し覚悟を決めました。

救われました

点滴を3~4本。
CTをとったり血液検査をすること約4時間。

なんとかギリギリ歩けるくらいまで
回復することができました。

これで帰れる…

足を引きずりながら病院を
あとにしました。

とにかく治療費が気になったので、
ツアースタッフに色々聞くと、

「任意保険に入っていなければ、
クレジットカードの保険が使えると
思いますよ。」

ということで、
クレジットカード保険を活用する場合の
マニュアルをいただくことができました。

※スタッフさんありがとうございます。

おそらく治療費は3桁までは
いかないだろうとの推測ですが、
それでも治療費で数十万円は痛い出費です。

クレジットカード保険に
頼ることにしました。

クレジットカードの保険に頼る

帰国後早速クレジットカードの
保険連絡先に連絡しました。

初めてのことなので、
対応悪いのかな…
という印象がありましたが、

受付女性の対応は思った以上に
良かったです。

いつ、どこで、どんな症状で
どんな処置をされましたか?

クレジットカードでの決済は
されましたか?

など色々な質問をされました。

これはしっかり払ってくれるな。

と思っていましたが、

「それでは支払い担当から
あらためて支払い可能か連絡しますね。」

とのこと。

私:支払い可能かすぐわからないのですか?
担:こちらは受付のみです。

私:わからないと今後の治療方向が変わりますので
  できればすぐに教えてください。
担:すみません、わかりかねます。

まだクレジットカードでの保険が
使えるかはわかりませんが、

最初の受付の感じとしては、
あまり良くないイメージがしました。

また全てが完了したら
報告しようと思います。

※現時点での対応です。
※クレジットカード会社の名誉に
 関することなので会社名は伏せさせていただきます。