「工事現場の誘導員」
って知ってますか?

車が通過するのに、
赤い棒を持って誘導している
職業の人たちです。

僕は「工事現場の誘導員」
はすごいしんどい仕事だと
思っています。

なんでか?

」」」」」」」」」」」

・棒を振る
・誘導する
・常になっている

」」」」」」」」」」」

これほどシンプルかつ、
きつい仕事はないと思っています。

もしも、そういった仕事を
やってくれ。
と頼まれても絶対にお断りです。

辛いから。

で、大切なのはここからです。

誘導員の仕事というのは、
シンプルなんですね。

うどんで例えて言うなら、
「素うどん」です。

※「なんでうどんに例えるんやっ!?」
という質問はお断りです。

※誘導員の仕事を
馬鹿にしているわけではありません。

「しょうゆ」と「うどん」のみで
構成されたシンプルな食事です。

食べれば「美味しい」です。

で、「素うどんでも美味しい」ですが、
もっとゆでたり、こねたり、
おかずを追加したりすれば、

「きつねうどん」になったり、
「肉うどん」になったり、
「当店自慢のスペシャルうどん」に
なったりするわけです。

ちょっと手を加えれば、
「別の立派なうどん」に変化します。

話を戻します。

誘導員の仕事は、

人が立って、棒を振って、
車を誘導する。

いたってシンプルな仕事です。

これはこれで必要な作業ではあるし、
求められる仕事でもあります。

でも、確実に将来性があるか?

と言われれば「微妙」です。

今後ロボットの開発も進んでいるし、
信号などの手段に切り替わる可能性が
ありますよね。

少なくとも、
「絶対に人でなくてはならない」
という現場は少ないと思います。

こんな話があります。

岡山で「ステーキのケン」
という全国チェーンのお店があります。

その店舗の誘導員のやっていること
がとてもユニークなんです。

・子供が近寄れば面白いことをする。
・誘導するのにわかりやすく棒をふる。
・楽しそうに仕事をしている

かなり有名なおじさんらしいです。

あまりにも有名になったので、
「ステーキのケン」の社長が
直々に見に来たそうです。

そして今でも働き続けているそうです。

普通に働くだけ
 = 素うどん

同じ仕事でも自分で考え行動し、
楽しく働く
 = 当店自慢のデラックスうどん

もう一度書きますが、
決して誘導員の仕事を馬鹿にする
わけではありません。

シンプルがゆえに、
その人の独自の強みを発揮しにくい
仕事だという意味で「辛い」と
書きました。

ですが、独自の強みをしっかりと
アピールすることで、

シンプルな仕事でも、
味がある仕事になります。

そしてなにより、
「人に求められる人材」
になることは間違いないでしょう。

素うどんは素うどんで
好きな人がいます。

ですが、それ以上に
「当店自慢のデラックスうどん」
の方が好きな人が多そうですね。