商品が売れないホントの理由

「商品やサービスが売れないんです」という質問をされることがあります。

色々ヒアリングしてみると、だいたい答えがわかってくるんですが、今日はその一部を紹介します。

買いたいと思っている人に売る

実にシンプルです。

買いたいと思っている人に商品を差し出せば、よっぽどの常識はずれな物以外は買ってくれます。

例えば、砂漠で水を売れば、高い確率で売れますし、北極で氷を売れば、高い確率で売れません。

売れない人はどんなことをやっているか?

答えは簡単ですね。

「北極で氷を売ろうとしている状態」と全く同じことなんです。

「アホか。
そんなことしないわ。」「北極で氷なんて売れるか。」と思われるかもしれませんが、残念ながら実際にそうなっているから売れないわけです。

なぜこんなことが起こっているのか?

答えは簡単です。

「誰が商品を買うか?」を明確にすればいいんです。

「砂漠で水を売れそうだ。」これは、砂漠には水源が少なそうだし、喉が渇いた人はきっといるだろう。

と想像できるから「売れそうだ」と思えます。

誰が商品を買うか?
が明確ですよね。

原理は同じです。

この商品は誰にとって得するものなのか?

が分かってくればそこにいって売ればいいだけです。

本当にシンプルなんですが、たったこれだけです。

実はここに「統計学」をもってくれば、さらに売れる方法を紹介できますが、今はクライアントのみにしか公開していません。

気分がのればシェアしますね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*