「ビジネスにはUSPが重要だ」
と言われています。

USPとは、
「独自の強み」
と呼ばれるもので、

簡単に言うと、
「選ばれる理由」
ってやつです。

うまくいっている人は、
USPを上手に表に
出せていますし、

うまくいっていない人は、
USPがあったとしても、
上手に紹介出来ていません。

USPさえしっかり表に出せれば、
小さな成功はすぐに手に入れられます。

でも、そんなに簡単にUSPなんて
作れないよ。

という方が多いです。

今日は簡単にUSPを出す2つの方法
を紹介したいと思います。

USPを出す2つの方法

1つめ。
「競合をリサーチし続ける」
です。

USPとは、独自の強みです。

独自ということは、
競合にない強み
が必要です。

ということは、そもそも競合にあるかないか、
最低限「知る必要」がありますよね。

そして、競合にはやっていない、
でも見込み客は悩んでいるもの
これを強みとしてさっさと作れば良いんです。

2つめ。
「お客さんに聞く」
です。

自社を選んでくれた人
 = お客さん

に、

「何でうちを選んでくれたか?」
を直接聞きます。

そうすれば、
自分では気付かなかったような、
強みに気付いてきます。

で、お客さんが教えてくれた
情報を元に強みを強化していきます。

これでだんだんとPRしていけば
いいもんだと思っています。

USPを出すのが難しい?

だったら今日の記事を
読んでみて実践してみてください。

かなり強力なUSPが出て来ると
思いますよ。