ビジネスを始めてから
6年以上が経ちました。

うまくいったこともあれば、
うまくいかなかったこともあります。

で、今振り返ってみると、
「うまくいっていた時期」
に何をしていたかが、
やっと分かってきました。

やってきたのは
たった一つ。

「フォーカスをしぼる」
ということです。

何でもかんでも手を出して、
「忙しいな・・・」
と感じている時期というのは、
意外と稼げていませんでした。

ですが、やることを絞って
集中してからは、
忙しくなくても、
「忙しい時期の5倍」
は稼いでいます。

「フォーカスをしぼる」
ってそれほどの威力がありました。

まれに、
「繁田さんみたいに生きたいです。
どうしたらいいですか?」

と聞かれることがありますが、
今僕の現実では、
「フォーカスをしぼることが一番」
と伝えています。

たくさんのことを一気に勉強したり、
スタートさせることは大切ですが、
あくまでそれは「勉強のため」と
割り切ること。

そして早めにやることを絞り、
出来れば1点集中でビジネスを
していったほうが、
結果良くなります。

人間のエネルギーというのは、
多いようで実は決まっています。

多くのことをやればやるほど、
エネルギーは分散し、
分散したエネルギーで得られるものは
しれています。

ですが、1点集中で出すエネルギーは
とても強力です。

得られるものも大きくなりますし、
失敗しても経験としておおいに活用できます。

「フォーカスをしぼる」

昔は結構バカにしていましたが、
今でこそ大切だと思います。