「器用貧乏とよく言われます。
器用なのは良いことなんですが、
不器用な人の方が良い結果が出ているように
感じます。

どうしたら結果が出やすいですか?」

まれにこんな質問をもらいます。

世の中には、
何でも器用にこなすことが
出来る人がいます。

コミュニケーションスキルが高く、
作業をやっても何でもそつなくこなす。

その上スピードも早いし、
要領が良い。

一見「完璧。」のように見えます。

でも、そういう人に限って、
器用貧乏と言われ、
器用なのに不器用な人に比べて
「結果が出るのが遅い」
というケースがあります。

普通に考えたら、
不器用な人よりも
器用な人の方が結果を出す
スピードが速いように感じます。

ですが違います。

器用貧乏さんは、
何でもある程度自分で出来るので
「人に任せること」が不得意です。

不器用な人は、
出来ないことはすぐに人に頼みます。

この差が大きいんですよね。

ビジネスのエネルギーを100とした場合で、

・営業…20
・経理…20
・戦略構築…40
・コミュニケーション…30

このように分解したとき、

不器用さんは人に任せるので、
「チーム」を組みます。

そのため全てを一気にスタート出来ます。

結果の出にくい器用さんは、
へたに自分で出来るがために、
「個人」で全部をこなそうとします。

どちらが結果を出すのが早いかは、
一目瞭然です。

器用貧乏さんが早く結果を出す方法

それは、
「人に任せる」ということです。

最初はすごい難しいかもしれませんが、
一度任せてしまうと、
楽過ぎて元に戻れなくなりますよ。