伝わるホームページの文章法
を書いてみたいと思います。

この方法は、
僕自身でも使っていますし、
何より実績があります。

わずか6ヶ月で5,000万円以上の
売上を作った書き方でもありますので
是非参考にしてみてください。

※5,000万円の売上は
情報販売とかプロモーションとかでは
ないので安心してください。

伝わるホームページの文章法

5つの流れで構成します。

1 結果の約束
ホームページを見た後、
訪問者がどうなるのか?

結果を約束してあげれば、
訪問者も「見る意識」になります。

2 その根拠
結果の約束をしても、
根拠がなければ人は信用しません。

根拠というのは何か?

お客様の声であったり、
自社の実績だったり、
歴史だったり。

結果の約束の根拠
があれば人は安心して続きを
読んでくれるようになります。

3 行動するメリット
ホームページの目的は、
見込み客に行動してもらうこと。

なので、
行動することのメリット
を伝えて、

行動してもらうようにしましょう。

4 行動しないデメリット
同じように、
行動しないとどうなるか?

分かりやすく言えば
「脅し」になるわけですが、
これも訪問者にとって重要です。

あなたのサービスや商品は、
とても素晴らしいものです。

他社サービスを使って
お金も時間も存するくらいなら
あなたの商品を使ったほうが
訪問者は最終的に「得」をするわけです。

なので、「脅し」てでも、
行動してもらう「必要」が
あります。

5 最後のメッセージ
最後に訪問者にあなたの想い
をメッセージとして伝えましょう。

理論的にというよりは、
感情的に書いてもいいです。

・こうなって欲しい
・あなたの夢目標

でもいいです。

大切なのは「訪問者への思いやり」
です。

思いやりが伝われば
訪問者も「一定の確率」で行動してくれます。

まぁ、他にも色んな要素がありますが、
最低でも今日紹介した5つの構成さえあれば、
訪問者は行動してくれるでしょう。

重要なのは、
「何が言いたいか?」
ではなく、
「何を知りたいか?」
です。

意識してみてください。