何かに取り組んだ時、
結果が出ないことより、
結果を出した方がいいですか?

「結果を出したい。」
と強く願っているんなら
今日の記事通りに行動すれば
簡単に結果なんて出せます。

結果を出す人の特徴

結果を出す人には
特徴があります。

2つ特徴がありますので
紹介しますね。

1つ目。
すぐに行動する。

とにかく早いです。
10分前に聞いたことを
既にやっていたり、

セミナーを聞きに行ったら
終る頃には体系化し、
作業しています。

結果を出す人は
とにかく行動が早過ぎます。

2つ目。
結果を恐れない。

結果を出すのが早い人は、
「良い結果」であろうと、
「悪い結果」であろうと、
しっかりと受け入れています。

結果を出さない人というのは、
「結果」=「良い結果のみ」
と思ってしまっているので、
結果を出すために行動するのが
遅くなってしまいます。

悪い結果になるのが
怖いんです。

ここで見えてくるのは、
「結果を出す人は失敗が多い」
です。

素早く行動しても
良い結果ではなく、
悪い結果が続くことだってザラです。

でも結果を出す人は、
「悪い結果」=「悪い」
ではなく、
「悪い結果」=「経験」
として活かすので、

経験が積み重なって行く仮定で
新しい別の良い結果が
出てきています。

あれこれ考えることは
人間にとって必要かもしれませんが、

結果を恐れて行動しないことより、
どんな結果でも歓迎して行動した方が、
より大きな結果が生まれると思います。