話を分かりやすく伝える方法

話が分かりやすい人。
話が分かりにくい人。

同じ商品やサービスの説明をされたとしても、話が分かりにくい人よりも、話が分かりやすい人から説明を受けたいもんです。

そして、人に伝えるときには、「分かりやすい方」が人に喜ばれやすいですよね。

ではどうやったら、人にわかりやすく伝えられるかを記事にしてみます。

分かりやすく話をするコツ

僕はクライアントから、「話が分かりやすい」と言われることがよくあります。

僕自身はまだまだだと思っていますが、常に人に分かりやすく話そうと考えているのでそれが伝わっているかもしれませんね。

そして僕が実践している方法は、多少なりともクライアントには「分かりやすく伝わっている」みたいなので、その方法をシェアします。

色んな方法がありますが、その中で最も大切にしているのが、「とにかく人に話す」
です。

数稽古ですね。

最初は分からない説明も、相手の反応を見ながら、質問をされながら考えて、次からは指摘されたことを活かしながら説明をします。

これを繰り返していきます。

たったこれだけですが、他の人よりもその商品やサービスのことを理解出来るようになるので、より人に伝えた時に「わかりやすい」と思われるようになります。

ただこの数稽古はみんながみんなやりません。

面倒だから。

その数稽古の結果は相手に「情熱」としても伝わるようになるため、分かりやすいだけではなく、しっかりと相手に伝わるようになります。

その他にもテクニックはあるんですが、まずは「数稽古が大切」ということをしっかり叩き込んでみて下さい。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*