具体的な回答を得る方法

ビジネスにおいてですが、「うまくいっている?」と聞かれることがあります。

僕はいつでも、「うまくいってます」と答えますが、よくよく考えてみると「うまくいっている?」という質問自体がよくわかっていません。

・どういう意味でうまくいっているのか?
・何をもってうまくいっていると判断するのか?

ぜんぜんわかりません。

なので、「うまくいってます」と答えますが、結構適当に答えています。

今日のポイントはここです。

ぼやっとした質問には、ぼやっとした答えしか出ないということです。

質問自体が抽象的だと、相手は抽象的に答えます。

質問が具体的だと答えも具体的になります。

「な~んか答えて欲しい答えが帰ってこないなぁ」と思っていたら、あなたの質問自体に問題がある可能性があります。

ちょっとだけ意識をして質問を具体的にしてみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*