わかりやすく話す3つのコツ
です。

これがわかるようになれば、
相手から「わかりやすいね」と
言われるようになります。

1 例え話を入れる

自分が話しているイメージと
相手が聞いているイメージには
常に「ズレ」が出てきます。

なので、出来れば相手にとって
イメージしやすくなるような
例え話をいれてあげると
相手にとってわかりやすくなりると思います。

2 枠を作る

最初に「見出し」をつけてあげると
いいですね。

例えば、
「わかりやすく話す3つのコツ」
もそう。

わかりやすく話すためには
3つのコツをおさえればいいんだ。

という「枠」が出来ます。

僕はこれを「フレームワーク」と
読んでいますが、
それはどうでもいいことです。

まず「枠」を作ってあげて、
続きを話をすると、
相手が「話を聞く姿勢」になるので
普段よりも伝わりやすくなります。

3 常にトレーニング

これが一番重要です。

例え話、枠作り

これを常に意識して
普段から話してみてください。

話す機会がない人は、
ブログや日記に書いてもいいと
思います。

相手が見ているか見ていないか
は気にしなくても大丈夫です。

話す、書く。

常にトレーニングだと思います。