先日知り合いが
詐欺にひっかかりました。

被害額は300万円。

さてそんな知り合いから
「真実って何?」
と聞かれました。

真実って何だと思いますか?

真実という言葉を
検索してみると、

「嘘やいつわりでない、本当のこと」
と出てきます。

では「嘘」や「本当のこと」って
どうやって見極めるか?

おそらくですが、
嘘や本当のことって
見抜けないと思うわけです。

というのも、
真実というのは人それぞれで
今まで生きた経験の中でしか、
「嘘」や「本当のこと」
がわからないからなんですね。

何が嘘で何が本当か。

そんなの分かっていたら
詐欺なんてひっかかりません。

でもですね、
生きてきた中で「嘘に近いもの」
はわかるはずです。

それを「お金をつぎ込んだから」
という理由で本当に変えようと
思っていたりするのは、

これはマズイなと
思うわけです。

真実というのはありません。

でも真実を知りたい?

どうしても知りたいのであれば、
生きてきた経験の中で
答えはおのずと出てくるので、

自分自身に聞いてみることを
オススメします。

簡単に詐欺にひっかからないように
なるはずです。