習慣化は簡単に出来ます。

ですが、
『習慣化』
をナメてはいけません。

よく、成功者は、
『習慣化しよう』
と言いますが、

そんなに簡単に習慣化出来たら
誰でも今は成功者です。

簡単に出来ないからこそ
難しい。

それが『習慣化』です。

例えば、ヘビースモーカーが
タバコを吸うという習慣を
簡単に辞められると思いますか?

お酒が大好きな人に、
明日からお酒を飲むという習慣を
簡単に辞められると思いますか?

はい、無理です。

根拠は?

タバコを値上げしても、
値上げしても買う人はたくさんいるし、
簡単に辞められるようだったら
タバコもお酒も売れません。

ニコチン依存症、
アルコール依存症

こういった特有の病名があるのも、
理由の一つです。

さて、話が脱線。

ではどうやったら習慣化が
簡単になるのか?

『まずは理解する』
です。

矛盾する話かもしれませんが、
『習慣を簡単だと思わずに、
難しいから何とかする』
と理解するんです。

簡単だと思うから出来ない。

難しいと思えば、
『準備』をするようになりますし、
『それなりのこと』をします。

毎日テレビを見ることが
辞められない。

何とか辞めたい。

テレビを見ない習慣を
つけることが難しい

と理解していれば、
『テレビを捨てる』
という手段を取れます。

簡単だと思っているから
テレビを残して見続けてしまうわけです。

テレビを捨ててしまえば、
『見ようと思っても見えない』
わけですから、強制的に習慣化出来るように
なります。

まとめます。

習慣化は簡単ではありません。
決してナメてはいけません。