ワードプレスでオススメの
パーマリンク設定
をシェアします。

おそらく、パーマリンクという言葉は
ワードプレスをしていない人にとっては
一生涯聞くことがない単語なのですが、

ワードプレスでブログを書いていたり、
ホームページを作っている人にとっては、
とても重要な要素になっています。

特に、
初期の段階でパーマリンクを設定する必要
があると思っています。

パーマリンクとは?

パーマリンクとは、ブログの個々の投稿、
カテゴリーなどの投稿一覧ページへの
恒久的(半永久的)な URL です。

WordPress Codex 日本語版より

言葉ではわかりにくいですが、

個々のURL
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
これのことです。

http://dreamplanner.co.jp/focus/5888.html
の中の、

「focus/5888.html」がパーマリンクです。

初期の設定

ワードプレスをインストールした
ばかりのパーマリンクの設定値は、

「http://ドメイン/?p=記事番号」
です。

僕のホームページであれば、
http://dreamplanner.co.jp/?p=5888
となるわけですね。

理想的なパーマリンク設定

僕がオススメしている
パーマリンクの定義が2つあります。

1 URLはなるべく短く
2 日本語ではない
3 .htmlを設定する

1 URLはなるべく短く
パッと見たURLは短い方がいいです。

http://dreamplanner.co.jp/wp/focus/sankou/2015/5888.html

よりも

http://dreamplanner.co.jp/focus/5888.html
の方がいいです。

検索結果に大きく影響があるか?

と言われと正直なところわかりませんが、

人間が見てわかりやすい
と思った状況というのは、
検索エンジンさんが見てもわかりやすい

と思います。

検索エンジンさんに優しくしておけば
優遇してくれるんじゃないの?
という浅はかな考えです。

デメリットよりもメリットの方が
大きいんじゃないかなと思っているわけです。

2 日本語ではない
まれにパーマリンクを日本語で
設定している人を見かけます。

日本語自体が悪いわけではありませんが、
URLに日本語が含まれていると、

ブラウザによって日本語だったり、
記号の羅列だったりと違うのです。

GoogleChromeでは日本語、
Firefoxだと記号の羅列、
IEは現在入れてないのでわかりませんが、

ブラウザによって日本語で表示されたり、
記号の羅列になることがあります。

日本語だけだとありがたいのですが、
記号の羅列になるとURLが長くなったりするので
僕は日本語には設定しません。

3 .htmlを設定する
これを設定している人は
あまりみかけませんが、

もしもワードプレスが
なくなった時の対応策として
.htmlを入れています。

※.htmlの設定は
プラグイン「.html on pages」を
入れればすぐに対応可能です。

http://dreamplanner.co.jp/focus/5888/
ではなく、

http://dreamplanner.co.jp/focus/5888.html
というURLになります。

こうやっておけば、
最悪ワードプレスがなくなった時でも、
htmlで全く同じサイトを作り直すことが
できると思っています。

パーマリンクの設定方法

ワードプレスでパーマリンクを設定するのは
とても簡単です。

管理画面 > 設定 > パーマリンク設定
より、

カスタム構造
「/%category%/%post_id%.html」
※プラグイン .html on pagesを入れている場合

カテゴリーベース
「.」

を入力し設定を保存します。

そうすると、

個々のURL
このようなURLになります。

なるべく初期に設定しておくこと

有益なホームページは
SNSでシェアされたり、
フォローされたりブックマークされたりします。

その時にURLをマークされるのですが、
パーマリンクが途中で変わってしまうと
全てのURLが無効になってしまいます。

せっかくのシェア、被リンク、
ブックマークがゼロになってしまうのです。

もったいないですよね。

ですから、
パーマリンクはなるべく初期の段階で
設定することをオススメしています。


いかがでしたか?

ワードプレスのパーマリンク設定は
難しいことはありません。

ささっと設定しておけば
後でコロコロ変える必要もないので、
ホームページ構築時には
しっかりと設定しておきましょう。