Warning: Use of undefined constant page_for_posts - assumed 'page_for_posts' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sno-man/dreamplanner.co.jp/public_html/wp/wp-content/themes/zero-one/module/breadcrumbs.php on line 66

スキルを磨く方法

スキルを磨く方法です。

中学校、高校卒業、
いい大学を卒業して、

世間的に大企業と呼ばれる企業に
就職したとしても、
それで安全かと言われる時代は
終わりました。

神話のごとく、
そこに就職していれば安全だ
と言われていた、

かの有名な航空会社も、
今や倒産するような時代。

こういう時代だからこそ、
自分自身体一つで稼ぐスキルを
身につけなければいけなくなりました。

企業に就職してたからといって、
それで安全ではなくなったからです。

毎月のように決まったお給料、
毎年のように決まった年収、
来年も同じような給料がもらえるか、
同じように同じ会社で働けるかというと、

それは確定的なものではありません。

いい大学に出ても、
大企業に就職できたとしても、

数十年前のような
安定神話はありません。

学問を学ぶことも大切
かもしれませんが、

しっかり自分の技術(スキル)を
磨いておきましょう。

技術(スキル)は人生を支える

色んなシチュエーションに
活用できてしまうのが、

技術(スキル)
なんですね。

「技術(スキル)は最高の
資産である」

と世界一の投資家である
ウォーレン・バフェットさん
も言ってます。

技術(スキル)は、
税金で引かれることは
ありません。

技術(スキル)は、
インフレで価値が
下がったりしません。

技術(スキル)は、
裏切りません。

なので、技術(スキル)を
磨くということは
とてもとても大切なことです。

技術(スキル)を磨きたい方の必見情報です

人生を支える3つのスキル

スキルを磨く方法

人生を楽しく謳歌したい! と強く強く想っている のであればとても重要な内容 になると思います。 今人生について あまり考えたくないんだよね… もしそう思っていたとしても、 今回の内容をしっかりマスター しておけば、 人生・・・

優れたリーダーになる方法

スキルを磨く方法

会社が組織になってくると、 どうしても必要になってくる存在が 「リーダー」です。 リーダーは常に周囲をまとめ、 結果を出すことができる存在です。 そのため、 リーダーシップを身につけて、 能力を発揮するためのノウハウセミ・・・

スキルは継続し続ければ身に付く

スキルを磨く方法

スキルは継続し続ければ 必ず身に付きます。 最高の資産はスキル です。 ではスキルはどうやって身に付くのか? 僕自身も経験しているので 言えますが、 「継続してやり続ければ身に付く」 と感じています。 ポイントは「継続」・・・

スキルが最高の資産

スキルを磨く方法

スキルは最高の資産 です。 資産といえば、 不動産や株、車、貯金… というイメージがありませんか? お金持ちはたくさん資産を持っている。 そんなイメージが資産にはあります。 以前の僕もそう思っていました。 ですが、残念な・・・

最高の投資

スキルを磨く方法

人生を豊かに生きていくためには 「投資」は絶対必要です。 投資をすることによって、 投資をしないことよりは お金にゆとりができたり、 人生を楽しく過ごすことができます。 夢、目標を叶えることも 楽になってきます。 かくい・・・

記憶力を上げる方法

スキルを磨く方法

記憶力を上げる方法です。 この方法をマスターすれば、 今よりももっともっと記憶力が つきます。 僕自身あまり暗記とか得意では ないですが、 この考え方を意識し始めてからは、 人から異常に記憶力がある と言われるようになり・・・

習慣化のスキルを身につける

スキルを磨く方法

習ったことをすぐに習慣化出来る人は 成功しやすい というのは知っていましたか? 逆に、 すぐに習慣化出来ない人は 成功も遠ざかって行きます。 例えば、 【習慣化出来ない人】 再現率100%の成功ノウハウを 手に入れる  ・・・

決断力を高める方法

スキルを磨く方法

ビジネスの現場において、 「決断力」 というのは、とても重要なポイント になります。 決断が出来なければ、 せっかくのチャンスを 逃してしまいます。 ある1つのことに注意すれば 決断力は誰でも簡単に高めることが 可能にな・・・

最強のスキル

スキルを磨く方法

僕が今最強のスキルだ と思っているものがあります。 「同情のスキル」 です。 「同情」という言葉だけ聞くと、 ・かわいそう… ・気の毒に… ・何とかしてあげよう… というような、 ものではありまえせん。 「相手と同じ感情・・・

ページの先頭へ