商品が売れない場合の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

商品が売れない…

もしもそう思っているのであれば、今日の記事は参考になるかもしれません。

覚えておくべき3原則

商品やサービスが売れない原因はたくさんあると思いますが、おそらく一番の原因は、『興味を持たれていない』という事だと思います。

・買いたいけど変えない。
・買いたい商品がない。

不景気だからという理由もあるかもしれませんが、不景気だから商品を買わないというのは、ないですよね。

不景気だから買わないというよりも、不景気だから、『買う時に慎重になる』表現としてはこっちのほうが正しいと持っています。

で、何が大切になるかと言うと、見てもらって、信用してもらって、買ってもらう。

この流れが大切だと思います。

単純ながらこれが出来ない。

なぜか?

それは売り手が、大きな勘違いをしているからです。

大きな勘違いと言うのは何かというと、

・見てもらっている(と思っている)
・信用してもらっている(と思っている)
・買ってくれる(と思っている)

と思っているからではないでしょうか。

残念ながら、現実はそうではありません。

見込み客は、

・見てません
・信用していません
・買いません
こう思っていると言う事。

ネガティブに考えることにフォーカスする

これはポジティブ、ネガティブ
どちらで考えるか?
と言う事にもなるわけですが、どちらかというと、ネガティブに考える事にフォーカスを当てます。

そうすると、

・見てもらっていない  ⇒ だったら●●も入れよう。

・信用されていない  ⇒ 例)お客様の声をもっといれよう・買わない  ⇒ 限定性や希少性をつけてみたらどうか?

こういう思考になります。
やりすぎ。というくらいやって初めて見込み客は動き始めます。

僕の場合は、100%見てくれていない100%信じてくれていない100%行動してくれないこの3原則を常に意識して行動するようにしています。

商品が売れない…
と嘆いているのであれば、この点を見つめ直してみてはどうでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください