チラシ集客で成功する秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

チラシ集客はもうだめだ。
これからはホームページ一本。
古い媒体なんて使ってられない。

もしも今あなたがそう思っているのであればチラシの絶大な効果をみすみす逃しているかもしれません。

チラシ集客はポイントさえ抑えてしまえば誰でも絶大な効果を出すことができます。

インターネットが盛んになったとはいえ、未だにチラシで集客する人は多いです。

パソコン、スマホがどれだけ普及しようが、チラシは絶対になくならない媒体ですし、チラシによってでしか集客できない見込み客もいるのは確かなことです。

逆に、インターネットが盛んだからこそ、チラシ集客の価値が上がるということも考えられると思うのです。

なぜインターネットではなくチラシ集客なのか?

ホームページやブログ、SNSをうまく活用することで集客力が上がるのは確かなことです。

パソコン一台、スマホ一台あれば、誰でも集客できるようになるわけです。

だからこそ、誰もが飛びつくようになってきますし、だからこそ、飽和状態になるのも早いものだとも考えられます。

魅力的な媒体だからこそこぞって始める。

これは人間心理そのものです。

今ままでチラシでやってきた事業者も、インターネットの強力なパワーを知ってしまえば、チラシを辞めてホームページ一本でやり始めてしまうほどの威力はあるでしょう。

だからこそチラシがいいと思います。

他の人がインターネットに移ってきた今だからこそチラシの力も出るのではないか、と考えるわけです。

集客さえできればどんな媒体でもいい

かくいう僕もインターネットの威力を知っておきながらチラシで集客したことがあります。

他人の事業ではなく、自分の事業でです。

投資対効果は普通によかったです。

チラシ 2,000枚
顧客獲得コスト 800円

です。

もしこれをインターネットのみでやっていたとしたらもう少しコストがかかっていたかもしれません。

※過去の経験則、ネット起業者の経験上
事業でまず大事にしないといけないのが集客です。

集客さえできてしまえば、どんなに粗悪な商品でも売れますし、集客ができなければ、どんなに最高の商品でも売れません。

※粗悪な商品を売れと言っているわけではありません。

僕個人としては、集客さえできればどんな媒体でもいいと思っていますし、そのために色んな媒体をテストしたらいいとも考えています。

チラシ集客で成功する秘訣

ではどうやったらチラシ集客を成功させることができるのか?

どんなチラシを作ればたくさん集客できるようになるか?

2つポイントがあるので紹介します。

このポイントを押させるだけでチラシ集客が初めての方でも高い反応率を獲得できるようになります。

自分でチラシを作る

チラシ専門の業者に任せた方がいいのか?

まずは自分でチラシを作るようにしてみてください。

業者に任せても多大なコストがかかるだけです。

ではどうやったらチラシが作れるようになるのか?

最初にどんなチラシを作ったらいいのか?

競合他社のチラシを真似たらいいのです。

同じ地域の競合のチラシを真似るのはどうかとは思いますが、他県などで成果が出ていそうなチラシのレイアウト、キャッチコピーを参考にすれば文句は出ないでしょう。

どうやったら結果が出ているかがわかるかというと、継続して出し続けているチラシ
が結果が出ている可能性が高いです。

継続して出し続けているチラシ
というのは、広告費をかけても採算の取れるチラシなので企業は出し続けています。

だからこそ継続して出し続けているチラシ
を参考にしてまずは作ってみましょう。
※完全に真似るのは良くないです。

まずは競合のチラシを参考にし、最初のチラシを作ります。

最初のチラシを作ったら、もう一つキャッチコピーを変えたチラシも作ってみましょう。

Wordで作ったチラシと、手書きで作ったチラシ、男性の画像を使ったチラシや女性の画像を使ったチラシなどでもいいです。

最初に配る段階から2種類あった方がいいと思います。

テストを繰り返す

チラシ以外のどんな媒体でも言えることですが、いきなり100点なんて出せません。

そもそも100%成果が保証されているチラシを作れているのであれば、簡単に儲かるわけですから、誰だってそのビジネスはやっています。

だからとにかくテストを繰り返すことが重要です。

最初のチラシを配り終わったらしっかり反応率を計測し、反応率の高い方を採用していきます。

そうやってテストを繰り返していけば、最初は競合の真似でもだんだんと自社オリジナルでしかも反応率の高いチラシが完成していきます。

1回2回で諦めてはいけません。
根気が必要です。

根気よくテストの結果を全て数値化していくことが重要です。

ただなんとなくよかったな、とか、ただなんとなく悪かったな、とかだと使ったお金、時間、労力が全て無駄になってしまいます。

しっかりと数値化していき、どんどんテストしていきましょう。

テストを繰り返していけば誰でもよいチラシは作れるようになります。

業者に頼んでしまうとこれらのテストを全て付き合ってもらおうとするだけでも、おそらく数十万円はかかるでしょうし、100万円以上かかる場合もあります。

チラシ集客で成功する秘訣
それは、自分で作ってテストを繰り返す。

これであればほとんどコストはかかりませんし、コストがからない分、テスト回数が増えて反応率の改善がしやすくなっていくと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*