起業して成功するための4つの起業準備

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

起業して成功するための4つの起業準備についてシェアします。

僕は起業してからなんやかんやで6年以上経ち、なんやかんやでうまくいっている方
だと思います。

個人事業主の経験もありますし、法人を設立し、スタッフの雇用もできています。

そこそこお金には困らなくなりましたし、時間的にも自由な時間はいつでもとれます。

ですから、「これから起業するぞ」という人にとっては確実に役に立つ情報だと思います。

起業!その前に

起業すること自体は難しくありません。

個人事業主でやりたいという方は、近所の税務署に出向けば、色々と親切に教えてくれます。

その通りに行えば、個人事業主として立派に独立できます。

ですが、起業することと、それでうまくやっていくこと、とは全然意味が違います。

起業することは誰でもできます。

でも起業すれば絶対にうまくいく。

独立起業すれば今の会社と違い、経済的にも時間的にも自由が待っている。

そんな幻想を抱いて起業する人が多いのですが、そんなに甘い世界ではないです。

サラリーマン時代よりも経済的にも時間的にも余裕がなくなる人の方が多いとも言われています。

そういった人たちは何が足りなかったのか。
どうすれば余裕が無くならなかったのか。

それは起業前の準備不足にあると僕は思っています。

段取り8割、仕事2割

ガテン系の仕事をやっている人なら一度は聞いたことがあるかもしれません。

仕事の準備をするのに、全体の8割の時間を使い、実際の仕事は全体の2割の時間を使う。
そうすれば仕事はうまくいく。
ということわざです。

準備が大事なのです。

準備を怠ってしまうと、実際の仕事に大きな影響があります。

スポーツの世界でも同じことが言えます。

大会に出ようと思ったら、日頃からの練習が大事です。

練習を全くしなければ大会では簡単に負けてしまいます。

大会は練習期間に比べて一瞬で終わってしまいます。

その一瞬のためだけに日々の練習を積み重ねていくのです。

※オリンピックなんて最たるものですね。

スポーツでも仕事でも、どんなシーンにおいても、段取り8割、仕事2割なのです。

3つの起業準備

起業することも実は準備なのです。

本当に求める所は?

というと、人生の夢や目標です。

あなたの人生の夢目標を叶えるために「起業」というツールを使うだけであり、そのための準備を行っていくのです。

起業準備というのは、段取りの中のさらに段取りといったイメージでいましょう。

4つの起業準備

1 自分を知る2 貯金をする3 世の中の不平不満を集める4 たくさん本を読む

サラリーマン時代にこれら4つのことに集中して準備をしてみてください。

起業すれば高い確率であなたの夢目標は叶えられると思います。

1 自分を知る

まずは自分自身を知ることから始めてみてください。

起業準備と何が関係しているのか?
わからない人もいると思いますが、かなり重要なことです。

起業したいという人の中には、感情的にやろうという人もいます。

同僚、上司が気に入らない、給料が安い、もっとお金が欲しいこんな仕事なら自分で独立してもできる欲求や不平不満は大切な要素です。

ですが、それと同時に自分自身を知るべきだと思います。

何を知るのか?

自分の得意な所、苦手な所、やりたいこと、やりたくないこと、いくら稼ぎたいのか、お金ではないのか?

過去どんな経験をしてきたか、どんな経験が不足しているのか?

どうなりたいのか、どうなりたくないのか?

今持っているスキルは?
今後学ぶべきスキルは?

色々あります。

まずは自分自身と向き合い、対話をしてみてください。

※ちなみに僕は10年以上、「もっともっと自由になりたい」ということを思い続け、そのために必要な仕事を選んできました。

2 貯金をする

独立するにはまずは融資。
借金から始めればいい。

という人はたくさんいます。

ですが、借金は絶対にNGです。

してはいけません。

借金のテーマを書くと長くなるので、『起業するのに借金はアリ?』を見て欲しいのですが、とにかく借金はダメです。

こちらも人気です。
借金で事業失敗しました

とにかくコツコツお金を貯めていきましょう。

毎月浪費として使っていた飲み代やタバコ代、車や趣味で使っていたお金を節約すればすぐにお金は貯まります。

そんな余裕がないという人はアルバイトでもいいと思います。

とにかく貯金をしておきましょう。

30万円程度あれば起業してうまくいくことも可能です。

※今僕たちが手がけているビジネスは初期投資5万円でしたが、1年で2億円以上売り上げるビジネスに成長しています。

3 世の中の不平不満を集める

起業することは困っている人を助けることです。

悩みや欲求、フラストレーションを解決してあげることがビジネスです。

だからこそ世の中の不平不満、欲求、フラストレーションに敏感になってみてください。

あなた自身の経験でも結構です。

例えば僕の場合、とあるサービスを使ってみたが、どこの会社も電話対応が悪かったし、サービスの質もよくなかった。

これは自分自身で感じたことですが、おそらくほかの人も同じように不満を感じているはずだと思います。

そうやって世の中の不平不満リストみたいなものを貯めていきましょう。

どんどんストックしていってください。

そうやってストックしていけば、「1」で行った作業が活きてきます。

自分自身の今までの経験と不平不満とのマッチングができるようになります。

4 たくさん本を読む

とにかく本をたくさん読んでください。

おすすめなのは、

・戦略構築系
・マーケティング系
・コピーライティング系
・自己啓発系

です。

ビジネスではこれら3つの要素は必須になってきますので、最低でも各分野5冊以上は読みましょう。

何度も何度も読み直し、付箋をつけたりインデックスカードに書き写したりしてみてください。

セミナーは本で書いてることを言っているだけの場合がほとんどですからセミナーとかは行かなくてもいいです。

※どうしてもこの先生の元で学びたい場合は別。

まとめ

どんな職業でも大切な要素は、段取り8割、仕事2割だということ。

起業することというのは、あなたの夢目標を叶えるためのツールであり、準備だということ。

起業準備というのは、準備のための更に前準備。

1 自分を知る2 貯金をする3 世の中の不平不満を集める4 たくさん本を読む

これら4つの準備を怠っていなければ起業しても高い確率でうまくいきます。

これから起業したいという方は少しずつでもいいのでまずは自分を知ることから初めてください。

人生が大きく変わってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*