借金で事業失敗しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

借金で事業失敗しました。

という話をどこかで聞いたことがありませんか?

友人、知人、テレビやニュース。

借金が膨らんでくると借金返済のめどが立ちにくくなり事業を辞めざるをえなくなってしまいます。

特に事業系の借金は利息が高くなる傾向があるので一度借金してしまうとアリ地獄のようにはまってしまいます。

企業の月間倒産数

2015年8月25年ぶりに企業倒産数が月700件を下回ったそうです。

kigyou-tousan
※東京商工リサーチよりこの図を見ていると、毎月700~800件は倒産しています。

2015年8月が25年ぶりに700件を下回ったというのはかなりの快挙のように感じますが、それでも600件以上あります。

1日に20社はバタバタと会社が倒産しているのです。

複利の魔力

日本で借金をすると利息がつきます。

借金元本+利息
これが返済金額になります。

利息の幅は色々とありますが、1%~15%と幅があります。

利息が数%だから安心
これが実は落とし穴です。

確かに1%で借りたら100万円借りてもわずか1万円です。

5%で借りたとしても100万円借りてもわずか5万円です。

すぐに返せばいいですが、たいていの場合は数年単位で借りることになります。

日本では借りたら必ず複利です。

複利とはどういう意味かはぜひ調べてほしいのですが、複利には魔力があるのです。

100万円を5%で借りて10年返済を計画してみます。

全く返済しないことが前提になりますが、利息総額は約60万円にもなるのです。

わずか10年の間に1.6倍もの金額を返済しなくてはいけません。

相対性理論のアインシュタインは言いました。

人類最大の発明は複利である

借金はするな

なぜ倒産するのか?

借金をしたからです。
借金がなければ会社は倒産しません。

事業はうまくいかなくなったとしても、借金さえなければ潰れることはないのです。

個人も自己破産はなくなるでしょう。

借金をするから首が回らなくなって倒産したり自己破産するのです。

特に事業での借金は投資回収が目的なので利息が高くなりやすいですし、借金以外の出費も出てきます。
精神的にも追いやられてきます。

ビジネスに集中したいのに、借金のせいで精神的におかしくなり集中どころではなくなるのです。

ビジネスに集中できなければ余計に借金が返せなくなります。

これから起業したい、ビジネスをやりたい、と思っている人は絶対に借金をしないように心がけてください。

借金=悪です。

身の丈にあったビジネスをする

起業したりビジネスをするのは、利益を生み出し、自由な時間を手に入れること。

ではないでしょうか?

サラリーマン生活では、高い確率で会社に拘束されるので、自由な時間があるとは言い難いのが現状です。

ですが、起業すれば自分の思い通りの時間配分で仕事ができるようになります。

目的はそこにあるはずです。

借金をして大きなビジネスをすることが目的ではないはずです。

身の丈にあったビジネスで起業すればいいのです。

貯金が30万円しかなければ、500万円必要なビジネスなんてしない方がいいのです。

30万円で出来ることからコツコツ初めて、500万円以上貯金できてきたとき初めて500万円必要なビジネスについて考えればいいのです。

無理しても絶対に良いことはありません。

大抵の場合は、30万円⇒500万円にした実力があれば、起業当時500万円で始められるビジネス
というのは魅力を感じない可能性が高いです。

結局そんなものなのです。

借金で事業に失敗し、取り返しのつかないことになるより、身の丈にあったビジネスで始めて少しずつ少しずつじわりじわりやっていけばいいのです。

小さくテストしてうまくいったものだけ大きくしていけばいいのです。

そうやっていれば借金をすることなくビジネスをスタートすることは出来ますし、借金で事業失敗したということは一切なくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*