起業後の成功確率を飛躍的に向上させる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

商工リサーチの統計情報によると、2016年上半期(1-6月)の全国企業倒産件数は、「4,273件」とされています。

2016年上半期(1-6月)の全国企業倒産件数
※東京商工リサーチより抜粋

4,273件の倒産件数は多いのか?

25年ぶりの低水準ということです。

それでもこれだけの数の会社が倒産しています。

6ヶ月間で4,273件ということは、毎日毎日約23件もの会社が、負債(借金)を抱えたままバタバタと倒産しているという計算になりますね。

しかもこれは「見えている数のみ」です。

小さな小さな中小零細企業の場合は統計データに掲載されないこともあるそうなので、本来の倒産件数はもっと多いかもしれません。

恐ろしいです。

これから起業したい人にとって、「倒産」や「失敗」は怖いですよね。

起業前には、

・起業しても大丈夫なか…。
・周りがやたらと反対するよな…。
・うまくいかなかったらどうしよう…。

たくさんの不安や葛藤、フラストレーションがあるものです。

不安や恐怖、悩みを抱えたままだと、『起業しても失敗はしたくない』という気持ちになってしまい、起業=リスクと思うようになってしまうと思います。

起業したくなくなってしまいます。
※以前の僕もそう感じていました。

そこで今回は、「起業後の成功確率を飛躍的に向上させる方法」について書いていこうと思います。

今回の記事を参考にして頂ければ、起業するハードルが一気に低くなり起業したくなってくるかもしれません。

なぜ企業は倒産するのか?

なぜ企業は倒産するのか?
なぜ企業は倒産するのでしょうか?
理由は色々あると思います。

・元請け会社が倒産した…。
・利益が出なくなってしまった…。
・銀行から借入れが困難になった…。
・資金繰りが難しくなった…。
・過大な設備投資
・在庫過多になってしまった…。
・後継者がいなくなった…。
・経営者が怠慢になった…。

おおまかにこんな感じだと思います。

おわかりでしょうか?

倒産する理由のほとんどが、お金の問題だということです。

「元請け会社が倒産した = 売上が立たなくなった…。」「利益が出なくなった = 資金が枯渇してしまう…。」お金がなんともならなくなったため倒産してしまうということです。

・後継者がいなくなってしまう…。
・経営者が怠慢…。

という理由はある意味仕方がないかもしれません。

ですが、多くの経営者がお金の問題は「ある程度事前に予測はつくもの」にも関わらず、問題を先送りにしてしまったために『倒産』という最悪の事態にまで発展してしまっています。

やること全部が成功しない

やること全部が成功しない
資金繰りが厳しくなってしまう多くの場合は、「やること全部が成功する」「今のままで大丈夫」という大前提の元、ビジネスを進めていっている可能性があります。

・元請けは倒産しないだろう…。
・このまま売上は順調だろう…。
・何とかお金を借りられるだろう…。
・資金繰りは大丈夫だろう…。
・過大に設備投資しても大丈夫!・在庫過多でもさばけるだろう…。

元請けに頼りきる、銀行に頼りきる、時代や仕組みに頼りきる、社会現象に頼り切る、世の中の流行に頼り切る。

だから大丈夫だろう。

この「だろう」という甘い観測論から、その後の倒産という大きな出来事に発展してしまうのです。

ネガティブ経営

僕はこれを「だろう経営」って呼んでますが、「だろう経営」で会社が存続するほど甘くはありません。

商売を始めたばかりの経営経験が少ない個人経営者の場合は、中々理解しにくい部分ですが、ビジネスでは数字が全てです。

数字をしっかり把握していなければ、うまくいくこともうまくいかなくなります。

うまくいかないことは、もっとうまくいかなくなります。

やることなすこと全部がうまくいきません。

逆にうまくいかないことのほうが多いのです。

全てをネガティブに考えてみるってすごく重要なんじゃないかなって思っています。

やること全部、うまくいかないだろう…。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

『様々な角度からシュミレーションしておこう!』
売上は順調にならないだろう…。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

『ではどうやったら新しい売上を作れるのか、今のうちから準備しておこう!』
うまくいかないこと前提で色々考えてみると、大きな問題に発展する前に気付くことがたくさんあります。

うまくいかなくなるほどの問題に発展する前に、必ず小さな小さな問題があるものです。

多くの経営者は、小さな問題を小さな問題として考えます。

普段は見過ごしてしまうような小さな小さな問題をそのまま放置していくことで、まるで、幼虫がさなぎになり、さなぎが成虫になるように、大きな問題になっていくものです。

大きな問題になった後に対処しようとしても、すぐに解決できるほど簡単なことではなくなってしまいます。

ポジティブな解決策

徹底的にネガティブになればなるほど、「ポジティブな解決策」が出てくるものです。

ですが、世の中の風潮は真逆です。

・ポジティブな人生!
・ポジティブに生きよう!
・ポジティブで全てはうまくいく!

確かにポジティブな思考は重要です。

ですが、瀕死の重傷で出血多量で死にかけなのに、ニコニコしながらボトボト血を流している状態で、いつまでもそのままにしてしまったら出血多量で死んでしまいます。

ネガティブに考えるから、ポジティブな解決策が生まれるものです。

「うまくいかない前提」で色々と考えていると、小さな問題にも気付くことができるようになり、大問題になる前に対処ができるようになります。

成功確率は10%未満

成功確率は10%未満
何か新しいビジネスを始めたとします。

これは秀逸のアイデアだ。
誰にも真似できない自分だけのとっておきの最高のビジネスモデルだ!
絶対にこのビジネスは成功する!
成功以外考えられない!!

そう思っていざ始めたとしても、うまくいくのはわずか『1割程度』です。

10個のビジネスを立ち上げても、1個成功するかしないかの世界です。

打率で言うと「1割バッターさん」です。

どんなに成功確実と言われているような、有名なラーメン屋のフランチャイズを始めた所で、全部が全部、全て成功するビジネスが作れる人はそうそういません。

数々の会社の経営経験者でも全てを成功させることは不可能に近いのです。

イチローさんの打率

多くの起業家の9割が失敗してしまうのです。

幼少期から徹底的なトレーニングを繰り返したメジャーリーガーのイチローさんでさえ、驚異的だと言われている2015年の打率は3割3分です。

全部が全部、全てヒットが打てるというわけではありません。

多くの人が「成人してから起業する」と考えると、まだまだ経営経験ゼロの起業ど素人の状態です。

野球で例えたら、バッティングセンターでまっすぐの球に向かって一心不乱にバットを振っている練習段階です。

いわゆる「ひよっこ」と呼ばれる状態です。

バッティングセンターでは指定した球が自動的に投げられてきますが、試合ではカーブやシュート、フォークやストレート、様々なボールがランダムに投げられます。

おそらく「3割バッターさん」には中々なれません。

そう考えると本番の試合(起業)で1割でもヒットが打てるというのはスゴイことだと思っています。

少しでも「絶対うまくいく」と感じてスタートしてしまうと、そのビジネスがうまくいかないものだとわかっていたとしても、やたらと執着してしまって、お金も時間も労力もかなり損をすることはよくあることです。

逆に、成功確率は10%程度でスタートすれば、もし仮にうまくいかなそうだったとしても、すぐに方向転換ができたり、アプローチを変えることができるようになるのです。

100%成功するビジネスモデルを考えられる人がいたら、おそらくその人は、超有名人で世界中で引っ張りダコだと思います。

神様だと思います。

成功確率を飛躍的に向上させる方法

成功確率を飛躍的に向上させる方法
ではどうやったら起業リスクを減らし、数年後の倒産も防げるようになるのか?

ウソの情報にまどわされない

今はパソコンでもスマホでも、誰でも世界中の情報にアクセスできる権利があります。

検索キーワードを入力すれば、探している情報を簡単に調べることができます。

これまでは辞書を引っ張り出して調べなければならなかった手間が一気になくなりました。

インターネットは本当に画期的な発明だと思います。

ですが、物事には全てメリットデメリットがあります。

インターネットのメリットはとても大きなものになりますが、同時にデメリットもあります。

多くの人は盲目的が、インターネットに載っている情報は正しいと思ってしまうことです。

一昔前は、ホームページを作るにもすごく手間がかかってしました。

パソコンに詳しい一部のマニアしかインターネットに情報を掲載することができない時代でした。

この情報を届けたい、どうしてもインターネットでないとダメなんだ。

「強いパッション(情熱)」がないと、簡単に情報発信できる時代ではなかったのです。

ですが、今や小学生でもインターネットに情報を掲載できてしまいます。

ブログやツイッター、フェイスブック、インスタグラム、他にもゲーム内でも色んな人とつながれる時代になりました。

発信する情報に詳しくなくても、発信する情報にパッションがなくても、暇つぶしに情報が発信できてしまいます。

情報発信が「単なる暇つぶし」になったのです。

暇つぶしなので、どんな情報を発信しても本人には責任はありません

仮に発信された情報を見た人が人生が狂ったとしても、「どうでもいいこと」です。

そもそも人生が狂ったことを知るすべもありません。

責任ゼロで情報を発信できてしまいます。

しかも、間違っている情報を流したところで、罰せられるわけではありません。

「誤情報発信罪」として刑務所に入れられて、数年間を牢獄で過ごすことなんて一切ないのです。

なので、情報を受け取る僕たちが、正しい目でその情報を精査する必要があるのです。

正しい目で情報を見られないと、個人的な主観で、その情報がまるで正しいかのように拡散していきます。

デマでも綺麗にラッピングされた状態で情報信者に届けられます。

もちろん正しい情報もあるとは思いますが、ウソでも詐欺でもデマの情報でも平気で拡散していきます。

拡散している本人はまるで正義のヒーローのように、自信満々で拡散してきます。

面白いもので、たくさん拡散された情報ほど、人は信じやすくなってしまいます。

・たくさん拡散されているから。
・多くの人が信じているから。

例えその情報がどんなに悪質な情報
だったとしても、「拡散された」という理由だけで世の中に広まっていきます。

どんなに決め細やかなフィルターもスルスルとすり抜けていき簡単に拡散されていきます。

一部の情報を除いて、インターネットの情報なんてウソばっかりです。

95%の情報がウソだと思ってもいいほどです。

ウソの情報を鵜呑みにしていいことなんてありません。

短期的にはいいことがあるかもしれませんが、長期的に考えると、悪いことばかりです。

もちろんこのブログの内容も信じてはいけません。

あくまで僕の価値観であり、世界観であり、個人的な発信です。

金儲けのための手段です。

僕はケチでお金儲けが大好きな人間です。

あなたを僕の価値観を押し付けて洗脳し、セミナーに参加させたり、情報を売ったりして、長期的にあなたが貯めた貯金から、1円でも多く搾り取ろうとしています。

お金を搾り取られないよう、しっかりガードを上げて守ってください。

借金をしない

僕は無借金経営が最強だと思っています。

ですが世の中には、

・起業するには大金が必要・借金をしないとお店は構えられないこのような価値観や世界観を持っている人は実に多いです。

これらの価値観は全て「洗脳」されている可能性があります。

多くのビジネス書には、

・資金繰りの方法
・借金をする方法
・借金をしてビジネスが成功した事例

などが書かれています。

地域のビジネス支援してくれるコミュニティでは、当たり前のように借金をススメてきます。

雑誌やテレビ番組、ニュースでは、資金調達や上場という言葉が大々的にうたわれていますし、まるで借金がビジネスを始める最低限の条件のような表現もされています。

ですが、借金こそが、あなたのビジネスを破滅させる手段となることはあまり知られていません。

借金をしてビジネスを始めるということは、「自分の力以上のことを始める」ということなんですね。

多くの人は自分自身すらコントロールできていません。

ダイエットしようとしても、お腹がグーグー鳴っている時に、目の前に大好物が転がっていたら、つい食べてしまうものです。

いつまでも我慢なんてできません。

詐欺商品が出回ったという事実を知っていたとしても、「これならもしかしたら…。」という理由でつい買ってしまいます。

我慢できない人が多いから、ダイエット産業は衰退しません。

仕事から帰って勉強しよう、と思っていても、ビールやテレビ、ゲームの誘惑には勝てないものです。

僕自身もゲームが大好きなので、誘惑には勝てない自信があります。

ついスマホにゲームを入れてしまっているので、気付いたら自然とゲームのアイコンをタップしてしまっていて、気付いたら数時間が経過していた、なんてことはしょっちゅうです。

人間は短期的な欲求には勝てない弱い生き物なんです。

自分自身をコントロールできる人はそうそういないのです。

自分自身をコントロールできないのに、自分以上のパワーをコントロールすることは、到底無理な話
ですよね。

こういったことを書いていると、「でも、今やっておかないとタイミングを逃してしまう!だから金を集めて今から始めないと損をしてしまう!」という方も中にはいるかもしれませんが、タイミングなんていつでもやってきます。

「今ではないといけない理由」なんて実はないのです。

「今ではないといけない理由」を強く感じているのであれば、貸し手の誘惑(セールス)が上手なだけ
です。

貸し手はお金を貸すことでメリットがあるので、どんな手を使ってでもお金を貸そうとします。

それほど貸し手にとって借金はメリットがあるのです。

・なぜ銀行があれだけ豪華な建物なのでしょうか?

・なぜ銀行マンになるために学歴が必要なのでしょうか?

・なぜ銀行は倒産しにくいのでしょうか?

・なぜ消費者金融がはびこっているのでしょうか?

それほど貸し手にメリットがあるのです。

〇クザさんが金貸しをするにはそれほど強いメリットがあるからです。

「今やっておかないとタイミングを逃してしまう!だから金を集めて今から始めないと損をしてしまう!」そんなウマい話ならお金を持っている人(貸し手)がやった方が得ですよね。

なぜそんなウマい話を他に持っていくのでしょうか?

オイしい話なんて絶対にやってきません。

甘い誘惑に惑わされないようにしましょう。

借金をしなければ倒産はしません。

借金をせずに起業したいのであれば、まずは副業という形でもいいと思っています。

サラリーマンが副業で無難に月5万円稼ぐための仕事の選び方と思考法では、僕自身がゼロからビジネスを始めた経験をまじえて紹介しています。

参考にしてみてください。

PDCAを繰り返す

PDCAと言う言葉は聞いたことがあるかもしれません。

Plan…計画
Do…実行
Check…評価
Act…改善

それぞれの頭文字をとって、PDCAと呼んでいます。

ビジネスではPDCAが最重要ポイントです。

PDCAを繰り返すことこそがビジネスを成功させるポイントです。

計画したことを実行し、実行したことがどうなったのかを評価する。

評価したことを改善につなげる。

改善したことを実行するために計画する。

計画したことを実行し、実行した結果どうなったのかを評価する。

評価したことを再度改善につなげる。

ビジネスでやっていくことは複雑のように見えて実はすごくシンプルです。

淡々とPDCAを繰り返していくだけで、初めは小さな穴だらけのビジネスでも、徐々に良いビジネスに進化していきます。

ですが、多くの起業家がPDCAを繰り返すことができません。

計画はするけど実行しない。

計画したことを実行するけれど、それを評価し、改善につなげられない。

評価はしたけどそれをどう改善していいかわからない。

どこかが欠けてしまいます。

どこかが欠けるとPDCAのサイクルはうまく回らなくなるので、ビジネス自体もうまく回らなくなっていきます。

ではどのようにPDCAを回していけばいいかというと、全てにおいてまずは小さくスタートすることです。

小さく計画して、小さく実行。

検証結果が良ければ次はもう少し大きくして計画、実行、そして評価する。

検証結果が悪ければ、一度前のループに戻って、小さな計画を実行し、評価する。

小さく小さく計画し、小さく小さく実行する。

そうやって初めのうちはまるで赤ちゃんの歩幅のように、小さなPDCAを繰り返していくだけです。

最初から大きな計画で、大きく実行しようとすると失敗してしまう可能性が高いのです。

特に起業し始めの方の場合は、この小さな実行さえ守っていればもし仮に失敗したとしても大怪我はしません。

金銭的にも、精神的にも、再起できないような致命傷は避けられます。

起業資金は数万円からでもスタートできます。

数千万円とかも必要ありません。
数百万円とかも必要ありません。

完全無料でゼロ円でスタートすることはちょっと時間がかかるのでオススメしませんが、お小遣い程度の金額で始められるので、サラリーマンをやりながらでもビジネスはできます。

大きく考えてしまうと、恐怖や不安も同時に大きくなり、行動が遅くなってしまいます。

小さく小さく考えてやっていこうとすれば、その分恐怖や不安も小さくなるので、行動は早くなりますし、冷静になれるので、検証もしやすくかもしれません。

起業初心者がいきなり「飲食店をするぞ!」と意気込んで開店していては、開店と同時に閉店間違いなしという道を歩むようになります。

ダメダメ飲食店さんになってしまいます。

バブル時代ではそれでも商売が成り立っていたので勢いだけでもうまくいった時代があったそうですが、今はそんなに甘い時代ではなくなってしまいました。

店舗を構えるというリスクは後でいいのです。

まずは社員数はゼロ。
自分で全てやってみる。

最初からフリーペーパーに大々的に広告を出さなくてもいいです。

まずは身の回りの友人知人に作ってみた料理を無料で提供する。

無料から金額の調査を始めて、少しずつ料金をもらい始める。

そして競合店を散々食べ歩き、勝てると思ったら屋台からのスタートでもいいのではないか、と思うのです。

飲食店で始めてみたけれど意外と便利屋さんと同じような仕事を任されてしまうこともあるかもしれません。

飲食店+便利屋業という新しい形でのビジネスも可能になるかもしれません。

そう考えていけば、大きな資本は必要ありませんし、気軽に始められるのでは?
と思います。

起業の成功確率はせいぜい10%程度です。

だからこそ、小さくテストし、少しずつ大きく育てていくという考え方
が必要なんだと思っています。

まとめ

「起業後の成功確率を飛躍的に向上させる方法」はいかがだったでしょうか?

・ウソの情報にはまどわされないようにする。
・借金はしない・PDCAを繰り返す

僕自身ビジネスを行う場合は、この3つは徹底的に守っています。

2チャンネルに書かれている情報を鵜呑みにしたり、ブログやフェイスブックを見ても情報にまどわされなくないので、絶対に拡散はしません。

僕自身今は借金はゼロです。
1円も借り入れをせずビジネスを行っています。

行動する時にも必ず簡易的でも計画し、評価を行います。

毎日の行動一つ一つを改善につなげるために、社内間での情報のシェアを必ず行っています。

そうやって毎日毎日意識していますが、それでも出来ないこともよくあります。

僕を含め、意識しても多くの人は出来ないものなんだと思っています。

意識しても中々出来ない…。

だからこそビジネスの成功確率は低く、多くの企業が倒産していくんですね。

最低限今回紹介した3つのポイントを抑えておけば、何度でもビジネスはやり直すことが可能になりますし、失敗を続けるだけでだんだんと成功確率は上がっていきます。

起業前の事前準備については、【必読】起業後成功確率を10%高めるために必要なもの3選を合わせてお読みください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*