起業するのに借金はアリ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「起業するために借金をしようと思っていますが大丈夫でしょうか?」そんな質問を受けることがあります。

結論から言うと、僕は借金否定派です。

なぜなら、借金というのは自分の枠を超えてしまっているからです。

自分の枠を超えたものをコントロールするというのはまず無理です。

そもそも自分自身の枠だけでも自分をコントロールできないのに、なぜそれ以上のコントロールが出来ると思っているんでしょうか?

不思議です。

もちろん借金をしたら絶対うまくいかないというわけではありません。

世の中には借金を背負うことで逃げ場をなくし、モチベーションが上がるタイプの人もいます。

だから完全にダメだというわけではないんです。

ただ、借金をする前にもっとやることがあるでしょ
ということは多いです。

例えば、飲食店をやりたいから銀行から借金をする。

この借金はどうでしょうか?

僕なら銀行から借金をする前に、手押し車を引いてまずはやる予定の食品を手売りします。

手押し車を自作すれば数万円程度で完成です。

それなら手持ちのお金でいけますね。

手売りしてみて反応が良ければもう少し手を広げてみます。

それでも反応が良ければ超格安の物件を借ります。
※もしくは間借りします。

そうやって少しずつ力をつけながら拡大してきます。

時間はかかりますが、わざわざ銀行に借金しなくても事業なんて可能です。

むしろそうやっていた方が自信がつきますし、楽しいです。

「そんな悠長なことは言ってられません。
お金を借りてでもすぐに事業をしたいです。」気持ちはわかります。

ですが、借金をしてまですぐにやることのメリットはほとんどありません。

むしろデメリットの方が大きいです。

知る限り、僕の周りではそうやって焦って起業してうまくいかずに借金だけ残った、もしくは、トントンで儲からなくて、どうしようか迷っている…。

という人しか見ません。

これでは何のために起業したのかわからなくなってしまいます。

「この借金さえなければ…。」そんな声をよく耳にします。

借金は絶対ダメ。
というわけではありませんが、まずは借金せずに出来る方法をめいいっぱい考えるという考え方を持ってほしいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*