楽して儲かる仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

楽して儲かる仕事はあるのか?と質問されたら、自信を持って「あります」と答えます。

ただ「楽して儲かる仕事」があった時に、今取り掛からないといけないのか、のんびりやるべきなのかは、色んな視点から考える必要があります。

ここを外すと後になって「楽して稼げない仕事」になってしまいます。

今日は、「楽して儲かる仕事」と判断する考えるべき3つの視点

について書いてみます。

僕が自信を持って「楽して儲かる仕事がある」と認識しているのは、どういったことか?

がわかるようになれればと思います。

● 視点 1 向き不向き

「楽をする」とは?

一言に「楽」と言っても、人によって「楽」は違ってきます。

「パソコン一つで稼ぐ」と聞くと、「楽だな」と感じる人もいれば、「難しいな」と感じる人もいます。

「株で稼ぐ」と聞くと、「楽だな」と感じる人もいれば、「難しいな」と感じる人もいるわけです。

分離して考える必要があります。

人によって「楽」と感じることと、「楽ではない」と感じる人がいるというわけですね。

● 視点 2 時間枠

短期的と長期的

「楽して儲かる仕事」と聞くと、

・何もしなくてもいい・勝手に現金が振り込まれると認識している人がたくさんいます。

作業については、「楽」だと感じる人がいたり、「楽ではない」と感じる人がいます。

作業で「楽」だと感じている人が、「儲かる仕事」とはどういったことか?

次は「時間枠」で考えてみましょう。

僕はいつも、「短期的・長期的な視点」で見るようにしています。

一時的に”儲かる”だけなのか、長期的に見て”稼ぎ続ける”ことが出来るのか?

結構大事です。

ここの認識が出来ていないと、作業の内容が大きく変わります。

ダイエットで例えると、

・1ヶ月で10Kg痩せるプログラム

と・1年で10Kg痩せるプログラム

は全くアプローチが違います。

「楽して稼げる仕事」というも短期的な視点と長期的な視点で考えた時、全くアプローチが違ってくるということです。

※どちらが良い、悪いではないです。

● 視点 3 金額面

金額が大きいから儲かるではない
ここ結構大事です。

多くの人は、「金額が大きいから儲かった」と勘違いしてしまいます。

金額が小さくても、わずかな時間で時間の割に稼げた場合これも儲かったです。

時間の割に稼げない場合これは儲かっていないです。

ここ結構勘違いしてしまいます。

楽して儲かる仕事というのは、時間の割に収入があると言い換えることができます。

ちなみに僕は今全く何もしなくても、毎月10~20万円は銀行に現金が振り込まれています。

アフィリエイト報酬なんですが、これは7年前に、およそ2,000時間くらい使って構築したものです。

2,000時間で累計1,000万円以上銀行に振り込まれ続けています。
※これからもおそらく入り続けます。

これが良いのか悪いのか?

※ちなみに2,000時間使って初めて振り込まれるようになりました。

今現在の時給に換算すると、時給7,000円くらいです。

これが楽して儲かっているのか、楽して儲かっていないのかは正直な所わかりません。

今回紹介した3つの視点で考えてみると、あなたにとって「楽して儲かる仕事」は見つかるでしょう。

僕は、・自分に向いているかもしれない作業

・長期的な視点で見て・金額は小さいけどコツコツ入る収入源

を構築したわけです。

取り掛かる前は不安と恐怖でいっぱいでした。

でもおよそ2,000時間を消費した時、年に少しのメンテナンスだけで毎月10~20万円の収入が入り続けているわけです。

※僕のビジネスの1部分だけですが。

別に自慢したいわけではありません。

「やろうと思えば誰でも出来ること」だと思っています。

そしてもっともっと力を入れればさらに収入は入ってくるでしょう。

※今僕はそこにパッションがないだけです。

今見ているあなたにも可能なんです。

「楽して儲かる仕事」は必ずあります。

でも、そこまで到達するまでに辞める人が多いだけだと感じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*