ゼロからできる起業の仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

・会社を辞めて起業したい・雇われの人生は嫌だ
・社長になりたいそう思って起業しようと思っても、起業できない人は多いです。

すごいスキルや能力を持ちながら起業しない人も多いです。

そこで僕自身がやってきて良かったなと思っている起業の仕方についてシェアしようと思います。

義務教育では教えてくれない

まず、起業の仕方/方法は、義務教育の過程で学ぶことはありません。

大抵の場合は、よく勉強して良い大学に行ってそして良い会社に就職しよう。

という教育が中心です。

「自分で起業して食べて行こう」と言っている先生を、少なくとも僕は知りません。

おそらく先生自体も起業していないでしょうし、雇われている身ですから経験もしたことがないことを生徒に伝える訳にはいかないのではないでしょうか。

義務教育では教えてくれない。

ここはかなり重要です。

知識を入れ始める幼少期に会社で働くことが大事だと言われ続けているので、いざ起業となったとしても、やったこともなければ考えたこともないので恐怖や不安で頭が埋め尽くされてしまうのです。

スキルや能力があっても起業ができない原因は、義務教育でしっかりと教えてくれなかったこと
にあると僕は思っています。

ですから、起業の仕方を学ぶ前に恐怖や不安といったマインドブロックをはずすこと
が重要だと思います。

起業≠会社設立

起業というと、会社を設立する必要があるのかな?と思う人がいるかもしれませんが、起業することと、会社を設立することは別物だと思っていてください。

起業というのは新しく事業を起こすこと新しく起こした事業がうまくいったら会社を設立する違いというよりも、順番があるのです。

だから起業するためには会社を設立しなければならないのかな?

と思っている方はそんなに肩肘はらなくてもいいと思います。

起業自体は難しくない

起業は難しい、不安という人はたくさんいます。

不安だったり、難しいと感じているのは、かなり起業自体を大きくみすぎているのでは?と思っています。

このように不安や恐怖を感じる時というのは、問題を分けて考えてみるとそんなに難しいことではないと感じます。

起業で言えば、起業自体は難しくないのです。

誰かの役に立って、1円でももらうことができればこれは事業になります。

話し相手になるだけでもいいです。
肩たたきをするだけでもいいです。

ヤフオクに出品代行してあげることだけでもいいのです。

誰かの役にたち、1円でももらうことができることこれは起業なのです。

では何が不安で難しいのか?

それだけでやっていけるのかな?
これではないかと思います。

起業することと、継続して事業を進めること。

これは別物です。

前述していますが、これに会社設立が入ってくるとさらにややこしくなります。

起業したいけど会社設立の方法がわからない。

起業したいけどやったことがないので不安。

お金をもらうことはできたが、果たしてこれでやっていけるのか?

事業を継続するために、会社を設立した方がいいのかな?

お金を借りないといけないのかな?

不安や難しいと感じている人のほとんどは、複数の問題を一緒に考えてしまい、迷路でさまよっているだけ

なのではないかと思います。

起業の仕方は簡単

起業の仕方は本当に簡単です。

まず人が集まるような場所に行きましょう。

駅や公園でもいいですね。

そこで人に話しかけて、今困っていることを聞いてください。

そしてその人が困っていることを解決してあげるのです。

お礼はお金でもいいですし、缶コーヒー1本でもいいです。

困っている人の問題を解決し、報酬に缶コーヒーをもらう。

これも立派な事業です。

困っている人の問題を解決し続けること、その代わりになんでもいいので報酬をもらうこと。

これは起業していることと全く変わりません。

まずはそうやって困っている人を探し出し問題を解決してあげてください。

なんでもいいです。

雪が積もっている地域であれば雪かきをしてあげてもいいです。

お年寄りの話し相手になるだけでもいいです。

目新しくないですし、古いことかもしれません。

ですが新しいことをやることが起業ではありませんし、ビジネスではありません。

困っている人の問題を解決すること
これは立派な事業です。
起業なのです。

まずは身の回りに困っている人がいないか探してみてください。

親兄弟親戚でもいいですよ。

そういった身の回りの人の困っていることに目を向けることでのちに大きな事業に発展してくことはよくあることです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*