辞めたければ辞めればいい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブラック企業

という言葉が最近出て来るようになりました。

【ブラック企業】

広義としては暴力団などの反社会的団体との繋がりを持つなど違法行為を常態化させた会社を指し、狭義には新興産業において若者を大量に採用し、過重労働・違法労働によって使いつぶし、次々と離職に追い込む成長大企業を指す。

※wikipedia

何やら難しい単語が羅列
されていますが、要するに、企業が過酷な労働条件で、使い倒す

ということだと思っています。

では、ブラック企業で働いていたらどう思うか?

・こんな会社辞めたい。
・上司がクソ過ぎる。
・同僚が全然ダメダメ。
・給料安いのにこんなに働けない。

色々と文句が出て来るでしょう。

嫌で嫌で仕方ないですよね。

そもそも何のために働くのか?

だったらどうするか?

辞めたければ今すぐ辞めた方がいい。

と思うかもしれませんが、実は違います。

大切なのは、「何のために働くのか?」を明確にすることが大切なんです。

この企業で働くことで、具体的に、いつまでに何を得たいのか?

これって本当に大切です。

目的が明確ではないから、短期的に気になることがあるから不満がたまる。

5年スパンで考えてみたら、1日1日起こっている出来事というのは、そんなにたいしたことではないんです。

目指している目的地

に到達出来ない上、短期的に嫌でしかたなければ、今すぐ辞めましょう。

我慢してまで働く必要はありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*