ネットで起業したい人が絶対に身に付けておきたい3つのスキルと考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大学を卒業したはいいものの、これだと思ったところに就職していない。

そんな中ネットで起業し成功した人をたくさんテレビやインターネットで見るようになった。

なんとなくネットで起業し、お金を稼いでのんびり過ごしてみたいと考えてはいるが、友人に話をすると「怪しいから辞めておけ」と言われるし、そもそもネットで起業なんて自分には無理だな…と諦めかけている。

テレビやネットで成功している人で月●●万稼いでいるとか書いてる人いるが、まず有り得ないと思うのでにわかに信じられない。

でもネットでの起業は一度チャレンジしてみたい。

今回の記事では、未来の不安を抱えながらも、ネットでの起業を考えている人に向けて、ネット起業とはそもそも何なのか?どんなメリットやデメリットがあるのか?必要なスキルなどを紹介していきます。

色々と風のうわさはあると思いますが、ネットで起業することそのものは怪しい物ではないと気付くこともできるでしょう。

僕自身そもそもネットで起業し、今は会社を経営して安定して売上げを上げています。

身の回りにも成功している人はたくさんいますし、実店舗を経営するよりは僕は面白いと思っています。

もしあなたが将来インターネットを活用してビジネスをしてみたいと思っているのであれば、必ず参考になると思います。

ぜひ参考にしてみてください。

ネット起業とは?

ネット起業とは?
インターネットを活用して起業することこれを略して「ネット起業」と言います。

インターネットを活用するビジネスのことを「インターネットビジネス」と言います。

インターネットビジネス=インターネット「のみ」でビジネスを行うことと勘違いしている人がいますが、そうではありません。

『インターネットビジネス=インターネットを活用したビジネス』ということであって、オンライン(インターネット)上だけで完結するものだけではありません。

オンライン上のみで完結するビジネスもありますが、オンライン(インターネット)とオフライン(実世界)を融合したビジネスモデルもあります。

インターネットビジネスの形

それでは、インターネットビジネスはどういった形があるのか、僕が分かる範囲で例を出してみます。

パターン1 オンラインで完結

パターン1 オンラインで完結
パソコン1台で自由に!と言われている起業法がオンライン完結型のインターネットビジネスです。

アフィリエイト、情報ビジネス、電子せどり、会員制サイト運営、ネットショップ

これがオンライン完結型のビジネスの一例です。

スキルとパソコンさえあれば、世界中どこに居ても仕事が出来るようになります。

僕はアフィリエイトをやり始めたのがきっかけでネットで起業しました。

僕の友人には、情報ビジネス、せどり関係でかなり結果を出している人が多いですね。

パターン2 オンラインとオフラインを融合

パターン2 オンラインとオフラインを融合
OtoOと呼ばれているパターンです。

OtoOとは?

Online to Offlineの略。

インターネット上のウェブコンテンツやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)におけるサービス(Online)を、実在する店舗(Offline)での集客アップや購買促進につなげる仕組みのこと。

ネット上の価格比較サイトで商品の最安値を調べたり、オンラインショップに掲載されている購入者の口コミを参考にしたりして、実店舗での購入を検討するといったケースが、O2Oの身近な事例だが、このケースはEC(電子商取引)が普及し始めた2000年頃から用いられているもので、ネット上の店舗と実店舗を組み合わせたビジネス手法「クリック&モルタル」と同様である。

※コトバンクより抜粋

オンライン完結型とは違い、オフライン(実店舗)と連動さえたり、インターネットの知識を教えたり納品することも、これにあたると思います。

例:集客代行、せどり、コンサルタント、ホームページ作成

僕は起業当初アフィリエイトのみでしたが、徐々に集客代行ビジネスや、ネットでの結果の出し方をアドバイスするようになったり、セミナーを開催して塾を開催したり、情報としても販売するようにもなりました。

ネットを利用した起業の例

ネットを利用した起業の例

さぁ来る

大学生が先生役として訪問するシニア向けIT家庭教師サービスです。

明治大学商学部の学生が、2003年1月に起業したアイ・ツー・アール株式会社では、東京都内の大学(一橋大、中央大、明治大、東京外語大など41校)に在籍する約100名の学生を組織化して、高齢者を主なターゲットとした、パソコン家庭教師、IT支援サービスを訪問型で行っている。

依頼者は、同じ地域に住んでいて、希望にあった学生をインストラクターとして紹介してもらい、初回の面談でお互いの相性を確認した後、継続的な指導を受けることができる。

通学型のパソコン教室と比べると、パソコンの設定、フリーアドレスの登録方法、オンラインでの買い物など、自分がわからないことをピンポイントで教えてもらうことができるため、高齢者から好評とのこと。

また、ソーシャルメディアを使ってみたいという高齢者に向けて、「Facebook で自分史を作る」というコースも用意されている。

家庭教師の料金は、レッスンの都度払いコースが5,000円(1回2時間)、2時間×4回のレッスンをセットにした「4回一括払いコース」が19,000円の設定で、依頼者宅までの交通費は請求していない。

※参考:https://www.jnews.com/domestic/2013/003.html

ストリートアカデミー

「教えたい人」と「学びたい人」を繋げるスキル共有サイト。

「ストリートアカデミー」は、教えたい人と学びたい人をマッチングする、国内のスキル共有サイトで、300件以上のレッスンやワークショップ情報が掲載されている。

IT、もの作り、料理、英会話など、何か得意なスキルがある人ならば誰でも“先生”として講座登録をして、生徒を募集することができる。

ストリートアカデミーでは、2012年8月からWEB上のサービスを開始して、現在までに、登録ユーザー数が8,000人、掲載された講座は450件、累積で3000人の受講者が参加している。
(2013年10月時点)

※参考:https://www.jnews.com/domestic/2013/002.html

BUYMA(バイマ)

「BUYMA(バイマ)」を活用したブランド品の個人貿易ビジネス。

ここ数年で円高は相当に進んだが、海外の高級ブランド品を買う場合には、その恩恵をダイレクトに受けられるわけではない。

ブランドメーカーは、日本市場の価格を、本国とは別に決めていたり、並行輸入業者も、為替の変動リスクに備えた安全マージンを加えて売価を設定しているためだ。

そこで、消費者が自らが、現地からブランド品を輸入する「個人貿易」が流行っている。

その仕掛け役となっているのが、海外に住む日本人と、日本の消費者との取引を仲介するプラットフォームの存在である。

その一つとして、「BUYMA(バイマ)」は、海外在住の日本人がバイヤーとして登録し、現地で売られているブランド品や、日本未上陸の商品を出品販売できるサイトだ。

出品の段階では、バイヤーが在庫を抱える必要はなく、自分が現地のショップで見つけたオススメ商品の写真と説明文をサイトに掲載しておき、日本の消費者から注文が入った後に、商品の買い付け~国際発送をする仕組みになっている。

※参考:https://www.jnews.com/domestic/2012/001.html

ネット起業のメリット・デメリット

ネット起業のメリット・デメリット

メリット

テストマーケティングしやすい

ネット起業において一番のメリットは、テストマーケティングのしやすさだと思います。

このビジネスはうまくいくのか?
ビジネスに今後どれくらいの投資が必要か?

テストマーケティングさえしっかり行っていれば、「ビジネスを始めたけど、うまくいかない…」といった悩みのほとんどは解消されると思います。

いきなり本格的にビジネスを行ってうまくいく確率はとても低いので、テストマーケティングのしやすさというのは十分なメリットになるでしょう。

マーケティングについては、『マーケティング』でも紹介していますので、ぜひ合わせて読んでみてください。

起業するための資金が少なくてすむ

実店舗で起業するよりも、まずはオンライン完結型で起業すれば、開業費などの資金が不必要です。
※ネットショップは別

実店舗をやりたいと思っているのであれば、まずはオンライン完結型(パターン1)でビジネスを軌道にのせ、オフライン(実店舗)との融合(パターン2)に移行すれば、少なくともオンライン上からの収益はあるので、オフライン(実店舗)への投資も怖くありません。

むしろ収益を増やすための戦略として活用されることもあるので、経営者としては安心できる投資の1つだと思います。

オンライン完結型からオフライン・オンライン融合した実例
オイシックス

有機や特別栽培の農産物などの安心食品宅配をインターネットで提供する「オイシックス」は2010年に1店舗を展開後、東京、千葉、神奈川を中心に実店舗数を増やしています。

場所を問わない

オンライン完結型であれば、都会でも田舎でもやることは一緒です。

わざわざ家賃の高いところで作業をしなくてもいいわけです。

なるべく家賃の安い所で作業した方が経費がかからないので焦る必要もなくなります。

デメリット

ある程度のスキルが必要

ネット起業をしたい場合は、最低限のスキル(技術)を身につけておくことが必要です。

「外注先があるから何とかなる!」そう思ってスキルを磨かない人もまれに見かけますがそれでもいいと思います。

ただ、外注先に仕事を依頼する場合、ある程度知識や経験がある人が依頼する場合と、全く知識も経験もない人が依頼する場合とでは、出来上がりの質が全く違います。

ディレクション(打ち合わせ)もうまくいかないことが多いです。

特にビジネス初心者の場合は、まず出てきた見積りが正しいのか判断が見分けがつきにくいでしょう。

そして、納品物が使えるかどうかも初心者には見分けがつきません。

僕自身も経験しているのでよくわかるのですが、ある程度知識や経験、スキルを磨いていくると外注さんの仕事がどれくらいのレベルか、というのが話をしているだけでわかります。

今まで自分が作業してきたことでそんなに時間がかからないような作業をやたらと水増ししていたり、知識があまりにも欠けているようであれば、そもそもその外注さんには仕事は依頼しません。

少し話がそれますが、「ビジネスはアイデア次第だ。
だから外注さんをうまく活用した方が早い。」もしかすると根底にそのような考えがあるかもしれませんが、それはそれで危険な思考だと思います。

これだけ情報が溢れる中で個人のアイデアなんてしれています。

大事なのはアイデアではなくスキルです。

・スティーブ・ジョブズ氏(アップル)
・ビル・ゲイツ氏(マイクロソフト)
・マーク・ザッカーバーグ氏(Facebook)
・ジャック・ドーシー氏(Twitter)
・孫正義氏(ソフトバンク)
・田中良和氏(GREE)
・笠原健治氏(mixi)
・堀江貴文氏(元ライブドア)

世の中の成功者はアイデアだけで成功したわけではありません。

スキルがあった上で、スキルとアイデアをうまく融合させ、独自のビジネスを作り上げたのです。

モチベーションが続かない

メリットだらけのように感じるオンライン完結型のネット起業ですが、実際やってみるとモチベーションが続かない人が多いです。

その理由は顔が見えないからです。

一般的な家庭に育っていれば、普段から顔を見合って生活しています。

小学校も、中学校も、高校もおそらく顔を見ながら生活してきたことでしょう。

そして、その中でアルバイトや仕事をしてきたのであれば、おそらくその仕事も面と向かって作業をしてきたはずです。

人生全てが「face to face」だったはずです。

でも、ネット起業、特にオンライン完結型だと、人と人とが面と向かって作業するのではありません。
face to faceではなく、「face to PC」になります。

人生の大半をface to faceで過ごしてきた人にとって、face to PCのライフスタイルは中々堪えます。

特にまだ稼げていない時期というのは苦しいです。

本当にこれでいいのかな…
これで実際に稼ぐことができるのかな…

こんな葛藤が毎日続きます。

これは実際に収入になっている場合でも起こります。

僕自身もあったのですが、パソコンのみで作業していると、いくらお金を稼いでいたとしても、コンビニで働きたくなったり、身体を動かす仕事をしたくなったりします。

僕以外の知り合いで、ネットで起業してからサラリーマンの3倍以上の収入をもらっていた主婦は、パソコンだけだと廃人になる…
という理由でパソコン教室のインストラクターも併用してやっていました。

ネット起業で必要な3つのスキル

ネット起業で必要な3つのスキル

マーケティング

マーケティングのスキルはとても重要です。

これはオンラインだろうがオフラインだろうが、関係ないかもしれませんが、特にネット起業を行う場合は、マーケティングスキルが全てと言っても過言ではありません。

なぜならインターネットビジネスに参入してくる競合は、年々マーケティングのスキルが高くなっているからです。

インターネット創世記であればマーケティングの力関係なく、インターネット上にサイトがあるだけで誰でも成功していました。

サイトが作れるというだけで、ダサいホームページを作っても数百万円もらえた時代です。

でも今は違います。

ホームページがあって当たり前。
ダサいホームページなんて必要ない。

そしてインターネット上でも、成功している企業、成功していない企業と差別化が起こっています。

差別化の渦中で成功するためには、マーケティングスキルを磨くしかありません。

マーケティング力がなければ、ネットで起業したとしても、すぐに潰されてしまう可能性は高いです。

マーケティングを学んだことがない、やってみたいけどよくわからないという人は、まずは本から知識を得ることが大切です。

マーケティングの知識を身に着けたいという方は、【必読】初心者が絶対に抑えておくべきマーケティングの本8+1選
でオススメのマーケティング本を紹介していますので、そちらを参考にして本を読んでみてください。

コピーライティング

ここでのコピーライティングとは、「相手を行動させるための文章」のことを言います。

インターネットを活用する上で、特に重要視するスキルです。

対面営業であれば相手の顔を見て、しぐさ、趣味、癖、過去の経験、話し方などを参考に次の一手を打ちます。

どういった言い方がいいかな?
こういう言い回しはこの人にはまずいな…
この趣味の話なら人間関係がうまく構築できそうだ!
ある程度の話す大筋はあるものの、話す相手によって若干のカスタマイズをいれながら話していくと思います。

しかし、サイト(パソコン)は訪問者と喋ってくれません。

見ている訪問者に合わせて言葉を選んだり、話し方を変えてくれるわけではありません。

あなたが寝ている間にも、サイトは見られていますし、その間もセールスを続けてくれています。

インターネットビジネスにもよりますが、ネットを活用する場合のほとんどが相手に何かしらの行動をしてもらいたいから公開しているはず。

電話をかけてもらいたい、資料請求をしてもらいたい、ここにお店があるんだよと知ってもらいたい、商品を買ってもらいたい。

理由はそれぞれですが、たいていの目的に合致することは相手に行動してもらうこと、です。

コピーライティングのスキルを磨けば、相手に行動してもらるための文章作成スキルが身に付きます。

もしあなたがネット起業を目指しているのであれば、コピーライティングのスキルはぜひ習得しておいてください。

コピーライティングスキルアップを目指したい、そんな方は僕が今まで書いている記事も参考になるかもしれません。

合わせてお読みください。
コピーライティング

ウェブ制作

ネットを活用して起業するにあたり、ウェブ制作のスキルも重要な1つとなっています。

ただのウェブ制作のスキルというわけではありません。

呼吸レベルで作れるほどのウェブ作成スキルです。

一昔前では、ホームページ作成ソフトの操作方法が難しかったり、ここまでインターネットで情報収集できる時代ではなかったので、ホームページを作るといっても、簡単ではありませんでした。

ですが、今ではホームページを作成するソフトがかなりたくさんあり、環境も整っています。

猫も杓子も簡単にホームページが作れる時代になっています。

そんな中1つのサイトを作るのに膨大なエネルギーとコスト、時間をかけているとあっという間に競合に取り残されていってしまいます。

それほど時間も労力もかけず、呼吸をするような感覚でホームページを作れるスキルというのは重要です。

ネット起業予定の人が今すぐに身に着けるべき3つの考え方

今すぐに身に着ける必要がある3つの考え方
ネット起業を目指している人に身につけて欲しい考え方が5つあります。

売上を上げるテクニックや手法、もしかしたら裏技を必要としているかもしれませんが、僕はビジネスは考え方が全てだと思っています。

考え方が腐っていればどんなによいテクニックを身に付けたとしても猫に小判です。

逆に素晴らしい思考を持つことができたら、時間はかかるかもしれませんが、売上や利益を出すことは難しくなくなってきます。

テクニックも自然と出てくるようになってきます。

特にこれから起業しようと思っている人にとってぜひ身に付けておきたい5つの思考を紹介します。

目的を明確にしろ!

僕の経験上、独立・起業が目的になっている人は少なくありません。

起業は誰でも出来ます。
開業届を出すだけです。

大事なのは、起業を通じてどんな人生にしたいのか?
です。

目的というのはおおまかな人生の行き先です。

東京から北海道という目的地に行くのと、東京から沖縄という目的地に行くのとでは、方向が真逆です。

目的地に行くための手段も色々あります。

まずは大まかでもいいので、起業を通じて何をしたいのか?
どんな人生にしたいのか?
を紙に書いてみましょう。

もしかするとそれは起業ではなくてもいい場合があります。

サラリーマンでも十分に叶えられるかもしれません。

それを無理やり起業で何とかしようと思っていると、モチベーションが続かなくなってしまいます。

無理は禁物です。

僕の場合は、起業する前から人生自由に生きたいというのが1つの指針になっていました。

自由というのは、誰にも縛られたくない、自分の思い通りに人生を生きたい、好きなことを好きなだけやりたい。

そんな意味が込められています。

おかげで今は人生楽しく生きていけています。

ミラーニューロンを受けろ!

良いミラーニューロンを受けるようにしてみてください。

ミラーニューロンとは、1996年にイタリアパルマ大学のジャコーモ・リツォラッティという科学者が発見した脳の神経細胞です。

ミラーニューロン(Mirror neuron)を直訳すると、Mirror(鏡)
neuron(神経細胞)
となり、簡単に言うと「モノマネ細胞」というやつです。

赤ちゃんが大人の歩く姿を見て歩き方を覚えるように、雛鶏が親鳥の飛ぶ姿を見て飛び方を覚えるように、生物は一緒にいる生物の真似をして生きていることが証明されました。

経験がありませんか?

悪口を言っている集団に属していたら、自分も言いたくなかったのに気付いたら言っていた。

尊敬している人と一緒に居たら、尊敬している人の口癖や仕草がうつっていた。

それはおそらくミラーニューロンの仕業です。

良いミラーニューロンを受けていれば、成功への近道になりますし、悪いミラーニューロンを受けていれば、いつまでたっても成功はできないでしょう。

良くも悪くも環境で人は形成されます。

・インターネットビジネスで成功なんてありえない
・起業?馬鹿げた話は休み休み言え
・あなたにそんな力はない
・いつになったら夢から醒めるんだ?

こんなことを言われている集団に居てしまったら夢もへったくれもありません。

いつの間にか負の固定概念が形成されてしまい、どんなに良い素質を持っていたとしても夢は叶わないでしょう。

・インターネットビジネスで成功は簡単
・起業?いいね!どんなビジネスをやるの?

・あなたには十分に素質がある・夢は持たないと叶わないよ!
こんなことを言ってくれる集団に居れば、成功も難しくないと思います。

どんなに素質がない人でも、夢はどんどん叶えられていくと思います。

あなたがやりたいこと、叶えたい夢目標が、高ければ高いほど、良いミラーニューロンを受けられる人たちと一緒にいる時間を増やしていきましょう。

スキル(資産)を身に付けろ!

スキルは最高の資産です。
そして、スキルは最高の投資です。

世界一の投資家ウォーレン・バフェット氏も、とあるインタビューで、「自分に投資することが、われわれができる最善の策」と言いました。

そして、「それは新しいスキルを学ぶことかもしれない、今持っているスキルを更に磨くことかもしれない」とも続けました。

投資とは何か?
僕が思う投資とは「リターン(見返り)が得られるもの」です。

不動産や株が有名な投資と言われていることです。

不動産でも株でもリターンがなければやりません。

リターンというのはお金かもしれないし、時間かもしれません。

何か別の見返りがあるかもしれません。

仮に返ってくるものが「お金」だとします。

僕は不動産投資をやったことがないので、詳しくは割愛しますが、不動産の年間リターンは良くて10%程度と言われています。

1,000万円の投資物件を購入し、家賃収入を得られる状態になれば、年間100万円が見返りとして返ってきます。

これが高いか安いかは個人の価値観によりますが、僕は「低すぎる」と思うわけです。

自分のスキルを磨くことに投資をしていれば、仮に30万円であるスキルを磨き続けていると、そのスキルでビジネスを立ち上げてうまく行けば、リターンは10%ではききません。

数千%です。

僕もネットで起業するにあたり、ウェブ制作、コピーライティング、マーケティングのスキルを磨き続けてきました。

金額で言っても100万円程度、5年という時間はかかりましたが、今ではそのスキルを使ってビジネスをやっています。

立ち上げてからわずか1年足らずで年間数億円もの売上を出しました。

スキルへの投資というのはそれほど強力な投資なのです。

スキルへの投資はそれだけではありません。

一度時間をかけて身に付けたスキルであれば、仮にお金がなくなったとしても再度生み出すことができるという素晴らしい点があります。

何度も何度もゼロから生み出すことができるのです。

自分への投資、スキルへの投資は、不動産投資よりも数倍良い投資だと思っています。

まとめ

店舗を持って起業することが当たり前だった頃に比べて、ずいぶんと起業が楽にできる時代になりました。

ネットで起業すれば、やり方次第でリスクも少ないですし、大きな結果を出しやすいです。

ただし、リスクが少ない分競合も増えやすいのも特徴です。

メリット・デメリットもありますし、店舗経営以上に特化すべきスキルがたくさんあります。

それ以上に結果が出れば面白い起業法なのでぜひチャレンジしてみて欲しいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*