ITで起業したい人が身に付けておきたいスキルと不必要なスキル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「将来ITで起業を考えているけれど、具体的に今から何をやるべきかよくわからない。

プログラミング設計、システムの設計、クライアントからの仕事を請け負いでやる…。

具体的に私はこれから何をやったらいいですか?」こういった質問を受ける時があります。

起業経験がない人にとって、起業する前に何を目指したら良いのか、起業後に何をやったらいいのか?

特に移り変わりの激しいIT業界での起業となると、昔とは違い、一筋縄ではいかないイメージもあるようです。

今回ではIT業界で起業したい人に向けて、起業前に最低限身に付けておきたいスキル、なくても良いスキルなどをまとめた上で、起業後にどんなアプローチをしていけば、致命的な失敗を避けることが出来るのか?

を自身の経験からお伝えしていきます。

※少なくても僕自身がやってきた方法で、本で読んだとか、セミナーで聞いたとかのレベルの話ではないです。

ITでの起業方法

ITでの起業方法
ITでの起業は、その他の業種(飲食店、建設業)と比べてかなり簡単に起業できます。

税務署に届け出を出すだけ。
これだけで立派に起業出来ます。

ITで起業する人の多くは、友人のビジネスでのサイトを作成運営したり、アフィリエイトをやっていたり、せどりや情報商材を販売していたりします。

固定費といってもパソコンのみで起業が可能です。

そして、IT業界で活躍されている人は、「起業という概念」がないかもしれません。

サラリーマンをしながら稼いでいる人もいますし、会社員を辞めて自宅でコソコソやっている人もいます。

起業という形にこだわらなくても、「結果的に起業している」というイメージのほうが強いかもしれません。

※僕自身もアフィリエイトで収入が入るようになっても、起業という固定概念はなく、他人から見たら起業したんだね、という風に見えているだけだったかもしれないです。

必要な資金

飲食店やフランチャイズビジネスなどで起業しようとすれば数百万円、ヘタしたら数千万円単位の開業資金が必要です。

以前リサイクルショップを開業しようとしていたこともあって色々と調べていましたが、最初の在庫や土地店舗代、人件費などを入れると少なくても500万円位は必要でした。

そこからIT業界で起業することになったのですが、ウル覚えですが、僕が最初にスタートした時の資金(貯金)は20万円程度だったと思います。

結構適当な感じでスタートしたので、開業資金には一切こだわっていませんでした。

最低限パソコンが使える環境さえあれば、ITで起業することに資金は必要ないということです。

開業資金に集中するようりは、起業に必要な知識を本やセミナーで学んだり、スキルを磨くことに集中したほうが、ITで起業した時の恩恵が大きいと思っています。

必要な知識(スキル)レベル

必要な知識(スキル)レベル
ではIT業界で起業するために必要な知識やスキルとは一体どういったものなのか?

僕が起業して10年近く経った今、身に付けておいてよかったなという知識やスキル、もっと最初から身に付けておいたほうがよかったな、というスキルを紹介します。

サイト運営

僕自身アフィリエイトがきっかけで起業することになりました。

自称アナログ人間という状態から「アフィリエイトで不労所得!」という野望を持つようになってから、自然と身に付いてきたスキルがサイト運営スキルです。

アフィリエイトをやっていると、自然とサイト運営スキルって磨かれていくわけです。

たまたま最初に出会ったやり方が、長期的な手法(SEOを意識したサイト構築)というのも運が良かったのか、SEOの知識も身に付きました。

サイト運営スキルがあれば、こんなビジネス面白いな…
と思ったらすぐにサイトを作成していけば、何かしらの結果が必ず得られます。

※良い結果も悪い結果も含めてしかも自分で作成していけるので、外注費がかかりません。

スタートアップで全てをいちいち外注していると資金が確実に足らなくなってしまいます。

※時間と資金の兼ね合いで今は外注化をすることもあります。

そのビジネスがうまくいったら外注化、であればいいかもしれませんが、最初の段階では自分自身でサイトを作成した方がいいんじゃないかな、と思っています。

ITで起業したいという人はぜひ身に付けておいて欲しいスキルです。

マーケティング

起業してから3年位は全くマーケティングのことについて無知過ぎました。

4年目以降から一生懸命勉強し始めたわけですが、マーケティングの知識は、これからITで起業する人にとって必須の知識だと思います。

マーケティングの知識を身に付け、本質を理解さえしていれば、起業して商品やサービスが売れなくて困ることは少なくなるでしょう。

逆に、マーケティングの知識もない状態では、どんなに「これは売れる」という商品やサービスを作ったとしても売上は限られてしまいます。

特にIT業界において、極端に言えばパソコン1台で起業もできるし、開業資金なんてほとんど必要ありません。

必要なのは「スキル」のみですから、仮に同じような商売をしている場合はスキル同士の対決になりえます。

そうすると今度は「経験」が物を言い始めますので、経験値の高い方が結果を出しやすくなります。

もちろん経験がある方が結果を出しやすい世界ですが、IT業界では経験がなくても、経験がある人より結果を出すことは可能なのです。

それが「マーケティングの知識」です。

サイト運営、デザイン、プログラミング…

それぞれに特化したスキルや経験が高い方はたくさんいらっしゃいます。

高校卒業と同時に習い始めたという人もいれば、専門学校に通いつめてスキルを習得したという人もいます。

ウェブ関係の会社に数年勤めて、スキルを身に付けたり経験値を積んだ人もたくさんいるでしょう。

ちなみに僕はアフィリエイトをするまでは、ウェブ関連の知識はゼロでした。

普通に考えたら、知識・経験ゼロの人間が、知識も経験も豊富な人たちには太刀打ちできません。

これから時間をかけるといっても、結果を出すためにかなりの時間がかかります。

そういったスキルや経験の差を埋めるために必要なのがマーケティングの知識です。

サイト運営能力が高くても、マーケティングの知識がない人はたくさんいます。

デザイン能力が優れていたとしても、マーケティングの知識が乏しくて売れないデザイナーさんはたくさんいらっしゃいます。

個々に持っているアイデアを形に出来るスキルはとても重要ですが、そのスキルだけに執着しても食べていく分だけ、多少の売上は作れます。

ですが、起業して本当に良かったというレベルの売上が出せるかどうかは別です。

ことマーケティングの知識は僕は色々な経営者さんとお会いしてきましたが、きちんと理解出来ている人は全体の5%もいなかったように感じます。

それほどマーケティングの知識は置いてけぼりになっている状態です。

あなたがIT業界で起業したいのであれば、これからは確実にマーケティングの知識を深めていくようにしてみてください。

マーケティングのことがよくわからない…
と心配な人はまずは初心者〜中級者向けの本を読み漁ってみましょう。

【必読】初心者が絶対に抑えておくべきマーケティングの本8+1選

【必読】初心者が絶対に抑えておくべきマーケティングの本8+1選


ですぐに結果を出せる必読書を紹介しています。
合わせてお読みください。

広告運営

リスクが少ないからITで起業したい。

確かにIT業界で起業すればリスクは少ないです。

正しいサイト運営さえ行っていればアフィリエイトでも数十万レベルであれば確実に稼げます。

サイトを自分で作れるようになれば、ドメイン代、サーバー代のみでお金が稼げるようになるわけです。

ドメイン代、サーバー代は安く抑えれば年間数千円程度の出費で済みます。

そして、パソコン1台あればなんとかなります。

パソコン1台で、しかも年間数千円程度の資金で年間数百万円のリターンがある。

お金をかけずに稼げるようになります。

これほど簡単な起業法はないですよね。
あなたもきっとそう思ったと思います。

ですが、あなたがそう思うように、他人も同じように考えているわけです。

ビジネスのサイトを作り、放置しておけば売上が上がる。

確かにそういったこともよくあります。

ですが、安定して売上が上がるようになるには、サイト運営を行ってから数ヶ月単位での時間が必要になります。

時間が有り余ってしょうがない!という人にはそのままのスタイルが向いているかも知れませんが、僕も含めて多くの人は、「もっと早く結果を出したい」そう思っているはずです。

※ここで言う「結果」というのは、良くも悪くもという意味です。

このビジネスをやる価値はあるのか?
このビジネスでどれ位月間売上が上がるのか?

そういった結果を早く知りたい方には広告運営がオススメです。

広告を出せば時間をお金で買うことができるようになります。

特にインターネットでよく利用されているキーワード広告は成果報酬型の広告なので、●ウンページなどの紙媒体と比べても、広告は出しやすいです。

そして何より、投資収益率(ROI)が出しやすいです。

投資収益率(ROI)とは?
投資利益率とは、『ROI、Return On Investment』の略語で、投入した時間やお金に対して、どれだけ利益が生まれるかを定量化するための指標。

例えば、3,000円分の広告を出せば、10,000円の商品(原価2,000円)が売れる。

もしもこの方程式が正しいのだとしたら、あなたはどう思いますか?

おそらく、「可能な限り広告を出しまくった方が稼げる」と思うでしょう。

僕自身も起業当初は広告は必要ないと思っていましたが、広告を活用し始めてからは、逆に広告無しでどうやってビジネスを進めて行くのだろう…

と思うようになりました。

もちろん広告費をバシバシ使うというわけではなく、ビジネスに合った投資スタイルで広告を活用しています。

特に新規ビジネスを行う場合は、「この市場に入るべきなのか、この市場には入らないほうがいいのか」を図るためのテストマーケティングによく活用しています。

そうすることで、やらなくてもいいビジネスや、やるべきビジネスが早い段階でわかるようになります。

起業初心者には、なるべく広告費はかけたくない、という気持ちがあるのはよくわかりますが、ITで起業して早く結果を出したいという方には、広告運営のスキルは高めておいて損はないと今は思っています。

コピーライティング

コピーライティングはIT業界において最も必要なスキルだと思います。

コピーライティング = 相手を行動させる文章

インターネット上でのセールス力を飛躍的に向上させるためのスキルです。

コピーライティングのスキルさえあれば、サイトが作れなかったとしても、どんな媒体を活用しても圧倒的に商品やサービスを売ることが可能になります。

僕自身コピーライティングを学び
まだ素人に毛が生えた位の状態ですが、それでも何か売り込む時の文章を書けば一定の反応率は取れるようになりました。

それまでは国語が苦手なせいか、文章を書くことが嫌で、広告代理店の営業マンに任せていましたが、コピーのスキルを学んでからは文章を書くことが好きになりましたし、それで結果が出せるようになったので学んでおいて本当に良かったと思っています。

これは絶対に外せないスキル

ITで起業したい人にとって一番必要なスキルとは一体何なのか?

サイト運営、簡単なデザイン、マーケティング、広告運営…

どれもあっても困らないスキルですが、このスキルはなくてはならないスキルです。

特にIT業界で起業して、長期間成功し続けるために必要なスキルです。

このスキルがなければ、今回紹介したスキルを習得していたとしても、効果は半減してしまうでしょう。

本当に一番必要なスキルです。

それは「共感」のスキルです。

共感とは、相手と同じ感情になることで、どんな不安を感じているのか?
どんな恐怖を抱えているのか?
相手がどう感じているのか?

自分自身が同じ感情になって考えられることを共感と言います。

そして真の共感が得られたら、相手から「この人だったらわかってくれる」「この人だったら信頼できる」と感じてもらうことができるでしょう。

共感はどんなビジネスにとってもとても重要なスキルだと思いますが、ではなぜ特にIT業界では必要なスキルなのか?

それは、仕事相手がパソコンになりがちだからです。

パソコン1台で仕事が出来るということは、人と会わなくても仕事が出来ることの裏返しです。

人と会って話をしていれば、相手の表情、言葉、仕草などがわかり、共感しやすくなりますが、パソコンの画面に向かって、相手(お客様)と共感することは中々簡単にはいきません。

なにせ相手が画面ですから。

そういったシチュエーションで相手と共感出来るか?

そして真の共感を得られることが出来るのか?

ここが起業する上でも、起業をした後でも特に重要だと思っています。

全ては掛け算

全ては掛け算
個々のスキルを磨いて、個々のスキルを活かすだけでも、IT業界で起業してある程度結果が出せると思います。

※少なくともサラリーマンの月収よりは稼げるようにはなるでしょう。

圧倒的に結果を出したい人は、サイト運営、マーケティング、広告運営、コピーライティング、そして共感力。

これらのスキルをからめてビジネスをするようにしてみてください。

少なくとも年商では数億円レベルにはいけます。

実は不必要だと思っているスキル

実は不必要だと思っているスキル

営業力

昔は起業するためにはあった方がいいな、と思っていましたが、僕自身起業してみて、色々経験してみて、営業のスキルは必要ありませんでした。

せっかくIT業界で起業したのに、何か違うなと感じていたわけです。

そこでサイト集客に力を入れるようになりました。

大事なのは営業ではなく集客です。

もちろん営業が大事な場面もあります。

ですが、集客の入り口さえ間違えていなければ、どんなにポンコツな営業マンがクロージングしても成約するものなんですね。

集客さえ出来てしまえば何とかなるわけです。

逆にどんなに営業力があっても、集客が出来ていなければ何の役にも立ちません。

営業力を身につけるよりも、コピーライティング力を身に付けたほうがよっぽど効果的です。

プログラミング

これも昔はある程度使えたほうがいいなと感じていました。

ホリエモンこと堀江貴文さんもこれからはプログラミングスキルは重要だと言っていたので絶対に身に付けておきたいスキルの1つでした。

ですが、30歳を超えて起業し、イチからプログラミングを勉強するにはハードルが高すぎました。

Java、Perl、Php、C++、スマホアプリ開発…

色々と勉強してみましたが、勉強している途中で優秀なプログラマーさんと出会うようになり、「あ、これは任せたほうがいいな」と感じるようになりました。

ただ、今はスマートフォンアプリ程度が作れるスキルがあれば誰でも稼げることが出来るようになっています。

これから起業するという人はスマホアプリ開発だったらスキルとしてあってもいいかもしれませんね。

まとめ

ITで起業するために必要なスキルと、実は不必要だと思っているスキルをまとめてきました。

これは僕自信が実際に身に着けているスキルですし、今でも不必要だと感じているスキルです。

・ITで起業すれば億万長者!
・一攫千金!
・パソコン1台あれば稼げるようになるこういった野望を持ってIT業界を選択する人は大勢います。

確かにITというツールを活用すれば、きちんとやりさえすれば誰でも成功できると僕は思っています。

ですが、ITはツールでしかありません。

訪問者の悩みを解決するためのツールでしか過ぎないわけです。

チラシや実店舗がウェブになっただけの話です。

そこを勘違いしてしまい、ツールに頼りっぱなしでいると、いつか足元をすくわれてしまい、脱落の道へと進んでしまいます。

ビジネスは人と人とのつながりです。
ビジネスとは価値と価値との交換です。

ITというツールをうまく活用すれば、価値と価値が交換しやすくなります。

結果的に売上が上がりやすくなります。

うまくITというツールと向き合い、活用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*