売れないキャッチコピーの書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

もしも今、どうしても伝達力が弱いキャッチコピー
を作ってしまっているな、と感じている方は必見です。

「キャッチコピーを変えるだけで、売り上げが3倍違う」最近はこういったタイトルでの記事を中心に書いてきました。

売れるためのキャッチコピーを書くにはどうしたらいいのか?

「最初からそんなのが書けたら文句はないよっ。」
、、、と言わんばかりの声が聞こえてきそうです。

今回からはちょっと趣向を変えて、「売れないキャッチコピーの書き方」を中心に書いていきます。

【なぜ売れないキャッチコピーの書き方なのか?】

答えは簡単。

売れないキャッチコピーとはこういったものだ。という事がわかれば、自然と売れないようなキャッチコピーを書かないようになり、考え付くキャッチが売れるようなものになっていくのではないか?

と考えたからです。

つまり、売れないキャッチコピーを知らない人ほど、売れないキャッチコピー、伝達力が無いキャッチコピー
を書いてしまう傾向がある。
という事です。

売れないキャッチコピーには「3代要素」というものがあります。

1.ほかの商品に当てはめられてしまうキャッチコピー。
2.ありきたりで、無難な言葉が羅列しているキャッチコピー。
3.単なる説明文

もしも今考えているキャッチコピーがこれらの要素に当てはまってそうならば、今すぐに変更しましょう。

今週はこれら3大要素について深く記事を書いていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください