キャッチコピーの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

キャッチコピーが変われば売り上げが変わるそんなことを聞いたことがありませんか?

実際色んなビジネスにおいてキャッチコピーは売上を大きく左右したり、集客効果を上げたり下げたりしてくれます。

キャッチコピーの役割

キャッチコピーの役割とはどういったものか考えたことはあるでしょうか?

・ハッとさせるもの
・ギョッとさせるもの
・成約率を変えるもの
・見出し…

色んな意見があると思います。

もちろんそういった目に見える効果
はあるとは思います。

ですが、本来のキャッチコピーの役割というのは、「続きを見てもらうもの」です。

ハッとさせたり、ギョッとさせたり、恐怖や不安をあおったり、ベネフィットを示したり、好奇心をあおったり、ノウハウを伝えたり具体的な数字を明記してわかりやすくする。

テクニックは色々とありますが、キャッチコピーの役割自体は、「続きを見てもらうもの」です。

だからキャッチコピーというのは重要になるわけです。

キャッチコピーの作り方

おそらく今このページを見てくれている人は、色んなサイトでキャッチコピーの作り方を勉強されている方だと思います。

・恐怖や不安をあおる
・好奇心をあおる
・数字がもつ具体性を活用する
・ベネフィットを示す
・わかりやすい表現を使う・ノウハウを伝える本にもサイトにも書いてあることです。

あえてキャッチコピーの作り方をお伝えできるとすると、「キャッチコピーは最後に書く」です。

チラシにしてもホームページにしても、すべてのまとめみたいなものがキャッチコピーです。

すべての文章をまとめて、ギュッと濃縮したものがキャッチコピーとなります。

・キャッチコピーがなかなか書けないな…

と思っているのであれば、色々テクニックはありますが、もちろんそれは踏まえた上でキャッチコピーを作るのであれば最後に書くということを意識してみてください。

必ずテストを行う

僕はキャッチコピーを作ったら必ずテストをします。

最初から完璧なキャッチコピーなんてできません。

できあがったキャッチコピーの成績は、成約率で判断します。

自分で良い悪いを判断してはいけません。

自分で良い悪いを判断しても、反応してくれるのはお客様です。

お客様が作ったキャッチコピーの成績をつけてくれます。

自分で判断しようとしても、それは正しい判断にはなりません。

キャッチコピーを作ったら必ずテストを行うようにしましょう。

自分が悪いなと思っているキャッチコピーでも意外と反応率が良い場合もありますよ。

最後に

・キャッチコピーは最後に書く・テストで成績を判断するとりあえずこの2つに注意してキャッチコピーを作れば、すぐに良いキャッチコピーは完成しなくても、続けていれば良いキャッチコピーはできてきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*