キャッチコピーの書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

キャッチコピーの役割

キャッチコピーはチラシやホームページなどの広告媒体で必ず使われているものです。 提案する予定の商品サービスが売れるにしろ売れないにしろ、一番最初のとっかかりとなるのがキャッチコピーです。 キャッチコピーが悪ければ売れる商品も売れなくなる。 キャッチコピーが良ければどんなにしょぼい商品でも売れる。 まるで魔法の言葉のようです。 もちろんキャッチコピーのみで大きく売上が変わるとは思いませんが、それでも良い広告というのはキャッチコピーに目がいくものです。 テクニ … 続きを読む

キャッチコピーの作り方

キャッチコピーが変われば売り上げが変わるそんなことを聞いたことがありませんか? 実際色んなビジネスにおいてキャッチコピーは売上を大きく左右したり、集客効果を上げたり下げたりしてくれます。 キャッチコピーの役割 キャッチコピーの役割とはどういったものか考えたことはあるでしょうか? ・ハッとさせるもの ・ギョッとさせるもの ・成約率を変えるもの ・見出し… 色んな意見があると思います。 もちろんそういった目に見える効果 はあるとは思います。 ですが、本来のキャ … 続きを読む

反応率の高い広告キャッチコピーの書き方

チラシやブログ、サイトで商品やサービスを販売するとき、キャッチコピーはとても重要なパーツです。 今日は僕が実際やってきた中でもっとも反応が高かったときの広告キャッチコピーの書き方を書いてみたいと思います。 これは僕以外でも反応率の高い広告キャッチコピーを追求している企業は100%行っている作業なので是非真似をしてみてください。 ちなみに僕はこれで某買取りチラシの反応率を10%くらいまで引き上げました。 注:イメージ広告ではなく反応を取りたい場合の広告キャッ … 続きを読む

売れないキャッチコピーの書き方

もしも今、どうしても伝達力が弱いキャッチコピー を作ってしまっているな、と感じている方は必見です。 「キャッチコピーを変えるだけで、売り上げが3倍違う」最近はこういったタイトルでの記事を中心に書いてきました。 売れるためのキャッチコピーを書くにはどうしたらいいのか? 「最初からそんなのが書けたら文句はないよっ。」 、、、と言わんばかりの声が聞こえてきそうです。 今回からはちょっと趣向を変えて、「売れないキャッチコピーの書き方」を中心に書いていきます。 【な … 続きを読む