USPの発見方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

これからの時代でビジネスを発展させるためには、自分の強み
がはっきりわかっていないと、世の中に通じないという事が考えられます。

今やっているビジネスには必ずと言っていい程「ライバル」が存在します。

ライバルというのは同業者ですよね。

同業者は、これも当たり前なんですが、「あなたと同じようにビジネスを発展したい」と思っています。

という事は、見込み客からしてみれば、あなたのサービス(商品)を「選ぶパイ」が増えるという事。

ライバルが多ければ多い程に見込み客からしてみれば、「選ぶ理由」
が必要になります。

沢山ライバルがいる中で選ばれるためには「選ばれる理由(自社の商品の強み)」が必要という事です。

ただ「自社の商品の強み」というのも必要かもしれませんが、もっともっと突っ込むと、他社にはない、自社の商品の強み
が必要。

さらにさらに突っ込むと、見込み客が必要としていて更に他社(ライバル)にない自社商品の独自の強み
が必要ではないかと考えています。

これを「USP(ユニーク・セリング・プロポジション)」と呼びます。

USPがはっきりしていれば見込み客からしてみれば「選ばれる理由」
になるという事です。

USPを見つけるのは難しい?

そんなことはありません。

今回紹介する「5つのUSPの発見方法」を順序立ててチェックしていけばUSPを発見しやすくなります。

5つのUSPの発見方法

1 価格

自社の商品の価格、他社の商品の価格の差は?
価格の差の理由は?

2 場所

駅から徒歩◯分。

徒歩で行けるのか、車でないと行けないのか?
それとも、もっと別の交通手段ではないと行けないのか?

3 実績

他社と比べて実績はあるのか?
見込み客からしてみれば、多少高くても圧倒的実績がある所を選びやすいです。

4 色、形、大きさ

小さい、大きい、手のひらサイズ。
大きさにも色々ですよね。

そして、それが見込み客のとって「どんなメリット」があるのか?

がしっかりと説明できればいいですよね。

5 安心

保証はあるのか?ないのか?

「完全返金保証」というのも見込み客からしてみれば、購入動機の一つかもしれません。

今回はたった5つの要素だけでしたが、これをしっかりとまとめるだけでも、あなたが販売したい商品はもっともっと売れやすくなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください